全身痩せのアドバイス エステサロン・メディカルエステなら【シーズ・ラボ】

−10kg目標! 今年こそ確実に痩せたいあなたへメディカルエステの健康痩せダイエット 全身痩せダイエットプログラム こんな方にお勧めです。・ダイエットが続かなく挫折してしまう・年々痩せにくくなっている・太りやすくなった・一旦痩せたけどリバウンドしてしまった・おなかや腕のぶよぶよを引締めたい 初めてプラン 120分 5,400円(税込) ※無料カウンセリング付き

  • おすすめコース
  • アドバイス
  • 体験談
  • よくある質問

「ダイエットには、お茶よりもお水を推奨します」

コーヒーやお茶にはダイエット効果があると言われますが、ダイエット中は、水分の大量摂取が重要になるため、カロリー0で、尚且つ大量に摂取しても体への負担や副作用がない、純粋なお水を推奨します。人間のカラダは、約60%は水分で構成されています。そしてその水分は、新しいモノが入ってくると、古いモノを汗や尿として排泄し体の機能を整えます。こういった流れが、体の代謝機能のUPに特に関わってくるのです。代謝をあげるために同じ量を飲むなら、体に対しての吸収率も高い、純粋なお水が一番お勧めです。

「お水は“食前に飲む”が効果的」

私たち人間の体は1日2.5~3リットル水分を消費しています。そのうちの1リットルは食事などで補給していますので、あとの1.5~2リットルを摂取することで体の水分の入れ替えができ 、老廃物の排泄がスムーズになります。こまめに摂る、常温~温かいもので摂るのがお勧めです。ダイエットにもっとも効果的なタイミングは「食前」です。空腹時は血糖値が下がり、脳の摂食中枢が刺激されることで空腹感を感じます。この時に、水を飲むことで胃液が薄められて酸性度が下がり、脳が満腹だと勘違いを起こすのです。

「冷えはダイエットの大敵!」

体温が低いということは血行が悪くなっているので、細胞に栄養やエネルギーが届きづらくなっています。また体内の酵素は温度の影響を受けやすく温度が下がると働きが低下してしまいます。そういったことから代謝が下がってしまいます。体温は1度下がると基礎代謝が約12%低下します。基礎代謝量が1200kcalの女性だったら、体温が1度低くなると1日で約144kcalのエネルギー消費の差になります。また基礎代謝の低下が運動時のエネルギー消費にも影響しますので、1日に200~500kcalもエネルギー消費に差が出てしまうので、体を温めるとダイエットの効果も上がります。

「ストレッチは代謝アップにも」

ストレッチは関節の可動域を広げ、体調を整えるのに役立つ運動です。身体が固いと怪我をしやすくなりますし、柔らかい人の方が代謝が上がり、血行が良くなる、疲労が回復しやすいなど、固いより柔らかいほうがダイエットに効果的です。毎日のお風呂上りにストレッチを10分でも行うことをお勧めします。

「お風呂は痩せやすい体質をつくる」

お風呂は、汗と一緒に毒素が排泄されることで代謝が上がり、デトックスしやすい=痩せやすい体質づくりに役立ちます。体の芯から温まって汗をかく入浴は、内臓も温まるので体全体の代謝がよくなり基礎代謝量をアップさせる効果も期待できます。お風呂に入る習慣をつけることで、徐々に痩せやすい体質=脂肪を効率よく燃やせる体に繋がります。38~40℃のぬるめのお湯で20~30分以上の入浴がお勧め。その日の疲れやむくみはその日に解消しましょう。

「腹式呼吸はダイエットに有効?」

腹式呼吸とは、通常胸で行う呼吸を、お腹を膨らませて息を吸い、お腹をへこませて息を吐く方法。腹式呼吸をすると、血液循環が良くなり腹筋や大胸筋が鍛えられるので、基礎代謝がアップします。そして大量の酸素を体内に取り入れるため、脂肪が燃焼しやすい身体を作ることにもつながります。普段何気なくしている呼吸を腹式呼吸に変えるだけで、痩せやすい身体になります。

「夕食は就寝3時間前までに」

夜は活動量が減るため、夜遅く食事をとると脂肪として体に蓄積されてしまいます。食事は消化するのに約3時間、揚げ物や油ものにいたっては4時間ほどかかると言われています。そして寝ている間は交感神経がお休みし、副交感神経に切り替わるため、リラックス状態になり、脂肪は燃焼しにくくなるのです。どうしても深夜の食事になる場合は、油ものや糖質をさけるようにしましょう。

「体重計に毎日乗りましょう」

できれば0.1㎏単位で表示される体重計に毎日一定の時間に乗って計測してみましょう。
「前の日外食だったのに思ったより増えてない」「あまり食べてないのに500g増えた」など、体重の変動を見ることで、痩せやすい食事や生活の傾向がわかるようになります。
また、日々確認をすることで、体重の大きな変動を防ぐこともできます。

「目標8時間睡眠!」

米国の研究により、睡眠時間7~9時間の人が最も太りにくいということがわかっています。睡眠時間が短いと、食欲を刺激する「グレリン」というホルモンの分泌量が増え、食欲を抑制するホルモン「レプチン」が減るため、食欲が増す傾向にあります。また、寝ている間に脂肪を分解する「成長ホルモン」の分泌量も減ってしまいます。

「ダイエットは3ヶ月前から」

リバウンドなく確実にダイエットを成功させるには、食事を減らすだけでなく、体質を太りやすい状態から痩せやすい状態へ改善していくことが大切です。人間の身体は、新陳代謝が正常に働いていれば3ヶ月で生まれ変わります。そのため、夏までに痩せたい!と思ったら4月にはダイエットを開始するのが望ましいのです。

  • おすすめコース
  • アドバイス
  • 体験談
  • よくある質問

ページのトップへ戻る

年末トリプルキャンペーン
第3回メディカルダイエットコンテスト 状況レポート
無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
大切なあの方へシーズ・ラボGIFT CARD
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら