このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底したケアで敏感肌の改善!肌質別の敏感肌スキンケア方法

徹底したケアで敏感肌の改善!肌質別の敏感肌スキンケア方法

敏感肌にはいくつかの種類があります。
もともと肌がデリケートで敏感肌の方もいれば、生活習慣によって途中から敏感肌になってしまう方もいます。敏感肌の改善を目指すには適切なスキンケアを通して肌のバランスをとり戻すことが大切です。
ここでは、種類別の敏感肌のスキンケア方法をご紹介します。

スキンケアの前に敏感肌とはどんな肌状態のことを指すのか知っておこう

肌の最も表面に位置する角質層は、水分と油分のバランスを保つことで紫外線をはじめとする外部の刺激から肌を守る働きを持っています。
しかし、角質層の水分と油分のバランスが崩れて敏感肌になると肌が酷く乾燥した状態になってしまうのです。すると、わずかな刺激にも強く反応するようになり肌が赤味を帯びたり痒みが生じたりすることがあります。

スキンケアが欠かせない敏感肌にはいろんな種類がある

敏感肌にはいくつかの種類があり、それぞれ敏感肌になる原因に違いがあるので原因に合わせた対策をとることが大切です。

●肌が乾燥しやすくデリケートになっている敏感肌

もともと肌が乾燥しやすい場合、紫外線やエアコンなど外部の影響によって肌がさらに乾燥してしまうことがあります。乾燥した肌は角質層のバリア機能が低下しやすく、外部のわずかな刺激でも肌にとって大きなダメージとなる場合も。それにより敏感肌になってしまうケースがあります。

●肌機能の低下で肌が乾燥しやすくなっている敏感肌

加齢によって角質層の機能が衰えると、肌の水分保持がうまくいかず肌が乾燥しやすくなります。化粧水で肌をしっかり保湿ケアをしていても水分が蒸発しやすくなっているので、敏感肌になりやすいのです。

●生活習慣やストレスで肌環境が不安定になっている敏感肌

肌は寝ている間に修復されるのですが、不規則な生活やストレスによって十分な睡眠をとっていない場合には角質層の保湿機能が低下して肌が乾燥しやすくなります。また、洗浄力の強い洗顔料を使用していたり保湿が不十分な場合も肌が乾燥しやすくなります。
このように間違った生活習慣やストレスによって敏感肌になることがあるのです。

●アトピーやアレルギーでデリケートになっている敏感肌

アトピーやアレルギーをお持ちの方は、外部の特定のものに対して免疫反応を起こすため肌がデリケートで乾燥しやすいのです。アトピーやアレルギーによって肌環境が不安定になると敏感肌になりやすくなり、洗顔後に使用するタオルや化粧水など通常であれば刺激を感じることのないものに対しても強い刺激を感じることがあります。

肌質別の敏感肌のスキンケア方法

●肌が乾燥しやすくデリケートになっている敏感肌のケア

もともと肌が乾燥しやすい場合には、高い保湿効果が期待できる化粧水や保湿ゲルで肌を十分に保湿することが大切です。ただ、敏感肌になっている時は肌に優しく働きかける化粧水を選ぶと良いでしょう。
脂性のセラミドはもともと肌に存在する成分で、水分を油分で挟み込む特徴を持つので高い保湿効果が期待できます。中でもヒト型セラミドは、体内にあるセラミドと同じ化学構造をしていて肌馴染みが良いので乾燥による敏感肌にお勧めです。

●肌機能の低下で肌が乾燥しやすくなっている敏感肌のケア

加齢による肌機能の低下で肌が乾燥して敏感肌になっている場合には、高い保湿効果が期待できるセラミドや肌の水分を逃さないようにする働きを持つ天然保湿因子(NMF)配合の化粧水や美容液で十分に保湿すると良いでしょう。

●生活習慣やストレスで肌環境が不安定になっている敏感肌のケア

生活習慣やストレスによる敏感肌の場合、まずは規則正しい生活を送ることが大切です。その上で、肌に優しい自然由来の原料から作られた洗顔料やセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸配合の化粧水を使用して肌を十分に保湿するようにしましょう。肌に優しい自然派化粧水の中には自然由来の良い香りのものがあるのでスキンケアを通してリラックスした時間を持つことができます。

●アトピーやアレルギーでデリケートになっている敏感肌のケア

アトピーやアレルギーによって敏感肌になっている場合、肌に優しい洗顔料や化粧水を選ぶことが大切です。自然由来の原料で作られた化粧品は低刺激ではあるものの、それぞれの方のアレルゲンに違いがあるので人によって合わない場合があります。
かかりつけの医師に相談した上で自分に最適な化粧品を選ぶようにすると肌トラブルを防ぐ対策がとれます。

敏感肌にはスキンケアだけじゃない! 必要な体内ケアとは

敏感肌の改善を目指すには、食事を通して健康な肌のために必要な栄養をとることが大切です。

たんぱく質を含む魚・肉・卵などは皮膚を作るために必要です。
また、ビタミンAを含む緑黄色野菜・イカ・乳製品、ビタミンCを含む赤ピーマン・果物、亜鉛を含む牡蠣・うなぎ・大豆などは肌のターンオーバーの機能をサポートするのに役立ちます。

さらに、各栄養素は血液によって肌の隅々に運ばれるため、貧血の予防対策として吸収が良い動物性ヘム鉄を含むレバー・赤身の肉をとると良いでしょう。

シーズ・ラボの敏感肌専用ケア

メディカルエステは医療と美容の両方の技術を持つので、より効果的なケアを必要とする場合に最適なケアを受けることができます。メディカルエステのシーズ・ラボでは、光療法「バイオプトロン」を使用して細胞レベルからの修復を図ります。さらに、プラセンタ導入を行うなどして健康的な素肌を目指せるのです。

敏感肌にはいくつかの種類があるので原因に合わせた適切なケアを実践することが大切です。どのタイプの敏感肌も肌が乾燥しやすくなっているので十分な保湿がスキンケアの基本となります。自分にとって最適なスキンケアを継続することで理想的な肌を目指すことができるでしょう。

■肌への負担が少ない&効率的なケアで健康的な素肌へ「敏感肌・アトピークリアコース

ボディスキンケアコラム一覧

ボディケア

ボディ専用のピーリング剤をお悩み別に使い分け肌トラブルへアプローチ。
医学理論に基づくケア徹底ケアで肌トラブルを解消!

背中ニキビ・シミ解消コース詳細へ

二の腕ざらつきコース詳細へ

ワキ・ビキニライン色素沈着コース詳細へ

お尻ニキビ改善コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント