このエントリーをはてなブックマークに追加

「離れ乳」で悩む女性は多い!? バストが離れる原因と対策方法

「離れ乳」で悩む女性は多い!? バストが離れる原因と対策方法

女性特有のバストのお悩みといえば、下垂やサイズの小ささが代表的なものとして挙がります。しかし実は、左右のバストが離れている「離れ乳」で悩んでいる女性も少なくありません。離れ乳とは具体的にどのような状態のことをいうのか、原因や対策方法とあわせて詳しく掘り下げてみましょう。

離れ乳とはどのような状態のこと?

「離れ乳」とはその名の通り、左右の乳房が離れている状態のバストのことを指します。
乳房が離れているために、サイズが大きくても谷間ができにくかったり、形が悪く見えたりするのが特徴です。
なお、離れ乳かどうかは「鎖骨の中心」と「左右のバストトップ」の3点をつないだ三角形でチェックすることができます。
三角形が美しい正三角形になっているなら、バストが垂れておらず、離れ乳にもなっていません。この状態はバストがもっとも美しく見える黄金比で、ゴールデントライアングルとも呼ばれています。
しかし、この三角形の底辺が左右に長く伸びている場合は、左右の乳房が離れている証拠。
つまり離れ乳になってしまっているのです。
なお、三角形が縦に長く伸びている場合は、バストトップが下がり、垂れた状態になっています。どちらにせよ、正三角形でない場合は、バストの型崩れが起きているといえます。

バストが離れ乳になる原因とは?

・加齢や皮膚や筋肉の衰え

年を重ねると皮膚や筋肉の弾力が失われ、バストの下垂が起こりやすくなります。
すると弾力のないバストが外側に流れて、離れ乳になってしまうのです。
ちなみに加齢だけでなく、運動不足や猫背による筋肉の衰えも、離れ乳の原因になるため注意が必要です。

・バストに合っていないブラをしている

たとえ若くてバストにハリがある状態でも、自分に合っていないブラジャーを着けていると、離れ乳の原因になります。
バストを支えているクーパー靭帯に余計な負荷がかかり、下垂や型崩れを招いてしまうのです。また、ブラの着け方が間違っている場合も、バストが離れる原因になります。

・ブラジャーを着用せずに過ごしている

ブラジャーを外した状態で過ごす時間が長いことも、離れ乳の原因といえます。クーパー靭帯に負担をかけて、下垂や離れ乳を引き寄せてしまうのです。
また、意外と危険なのが、就寝時にノーブラで過ごすこと。寝ているときは体を横にするため、バストの脂肪が左右に流れて形が崩れやすくなるのです。

美バストをゲットする! 離れ乳の対策方法

・自分に合ったブラジャーを身に着ける

離れ乳を防いで美しいバストを保つためには、やはり自分に合ったブラジャーを身に着けることが大切といえます。
ブラジャーを購入するときは必ず試着をし、カップやアンダーがしっかりフィットしているものを選びましょう。下着店のスタッフにフィット感を確認してもらうと安心です。
また、バストやアンダーバストのサイズは年々変わるものなので、半年に一度はサイズを測り直して買い替えることをお勧めします。

・スポーツ時や就寝時は専用のブラジャーを着ける

スポーツ時は体全体が大きく揺れるため、バストを支えるクーパー靭帯にも大きな負荷がかかります。
ウォーキングやサイクリングなどの軽い運動でもクーパー靱帯に負担がかかる可能性があるため、身体を動かすときにはスポーツ専用のブラジャーを着用しましょう。スポーツ用のブラジャーは通常のブラジャーよりもバストをしっかり支えてくれるので、下垂や離れ乳の対策に最適です。
また、就寝時にもバストを包み込むナイトブラを着けることをお勧めします。
「寝ているときまでブラジャーを着けるなんて窮屈そう……」と思われる方が多いかもしれませんが、最近では伸縮性のある快適なナイトブラがたくさんあるので、試してみてはいかがでしょうか。

・大胸筋を鍛える

筋肉の衰えによる離れ乳は、バストの土台になっている大胸筋を鍛えることで防ぐことができます。どこでも実践しやすい合掌のポーズを毎日の習慣にしてみましょう。

1. 姿勢を正して、胸の前で手のひらを合わせる
2. 大胸筋を意識しながら、左右から手のひらを押し合い、15秒キープ
3. 手のひらを右にスライドさせ、再び15秒キープ
4. 今度は手のひらを左にスライドさせ、再び15秒キープ

・姿勢を改善する

普段の姿勢が猫背だと、どんなに高品質なブラジャーを身に着けていても、バストの型崩れが起きやすくなります。筋肉が衰えるだけでなく、血行が悪くなってバストに栄養が行き届きにくくなるのです。日頃から姿勢を正す習慣を身につけましょう。
なお、以下のことを意識すると正しい姿勢を保ちやすくなります。バストアップにも効果的ですから、気をつけてみてくださいね。

・あごを引く
・肩甲骨を軽く寄せて、胸と肩を開く
・下腹部とお尻に軽く力を入れる
・頭のてっぺんから吊られている感覚を保つ

・マッサージをする

離れ乳の改善には、バストのマッサージも効果的です。
バストを包んで寄せるようにマッサージして、お椀型のバストへと近づけましょう。
バストに栄養が行き渡りやすくなるため、サイズが気になる方にもお勧めです。

1. 左脇や背中から、左のバストに向かって脂肪をかき集めまる
2. 左のバストを右の手のひらで包み込み、鎖骨の中心に向かって20回ほど軽く揺らす
3. 右のバストも同様に行う
※マッサージのタイミングは、血行が良くなっている入浴中やお風呂上がりがお勧めです。

いくらバストのサイズが大きくてふっくらとしていても、下垂や離れ乳ではコンプレックスになってしまうもの。理想的な美バストを手に入れるためにも、日頃からバストを守るケアや習慣を取り入れることが大切です。
また、メディカルエステを利用して魅惑のバストをキープするという方法もあります。下垂やハリの低下、バストサイズのダウンなどの悩みにアプローチしてくれるので、女性としての魅力アップにつながります。プロの手によって憧れのバストを叶えましょう。

■バストのお悩みがあるなら……「ヒアルロン・バストアップコース」で魅力アップしよう!

バストコラム一覧

ボディケア

ボディ専用のピーリング剤をお悩み別に使い分け肌トラブルへアプローチ。
医学理論に基づくケア徹底ケアで肌トラブルを解消!

背中ニキビ・シミ解消コース詳細へ

二の腕ざらつきコース詳細へ

ワキ・ビキニライン色素沈着コース詳細へ

お尻ニキビ改善コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント