このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット中でもOK!? 減量中でも飲めるお酒と太らない飲み方

ダイエット中でもOK!? 減量中でも飲めるお酒と太らない飲み方

大人の嗜みともいえるお酒ですが、ダイエットの天敵というイメージを持つ方も多いでしょう。しかし、お酒の種類や飲み方に気をつければ、ダイエット中であってもお酒を楽しむことができます。

ダイエット中の禁酒によるストレスから解放されるためにも、どのようなお酒がOKなのか、太らないテクニックとあわせてチェックしてみましょう。

ダイエット中に飲んでもOKなお酒とは?

ダイエット中に適したお酒はズバリ、糖質が少ないお酒です。

糖質が多いと血糖値が急激に上がって脂肪が蓄積されやすくなりますが、糖質が少なければ、その心配がなくなります。

「でもお酒って糖質が少なくても、カロリーが高いのでは?」と思っている方も安心してください。アルコールのカロリーはエンプティーカロリーと呼ばれていて、体に蓄積しないカロリー。適量を守れば太る原因にはならないのです。

では、ダイエット中でも飲めるお酒の種類について詳しく見ていきましょう。

・ウィスキー

ウィスキーは糖質ゼロの蒸留酒です。
炭酸で割るとハイボールになり、飲みやすさもアップします。
ハイボールなら居酒屋にもありますから、飲み会のときにもお勧めです。

・焼酎

焼酎も蒸留酒で、糖質が含まれていません。
甲類焼酎は炭酸で割ってレモン果汁を加えると、あっさりとしたレモンサワーになります。
乙類焼酎には香りや風味に特徴があるので、水割りやお湯割りで飲むと風味を楽しむことができます。

・ブランデー

ブランデーも同じく糖質ゼロの蒸留酒。
焼いたワインと呼ばれるほど甘い香りと風味が楽しめるお酒です。
ぶどうが原料のものが一般的ですが、リンゴやさくらんぼから作られるブランデーもあります。

・ウォッカ

ウォッカも糖質ゼロで、市販のサワーの原料にもなっています。
そのまま飲むとアルコール度数がかなり高いので、炭酸水で割って飲むことをお勧めします。ほぼ無味無臭なので、ライムやレモンなど、好きなフレーバーと組み合わせて楽しみましょう。

・赤ワイン

赤ワインは日本酒などと同じ醸造酒の1種ですが、比較的糖質が少ないお酒です。
炭酸水で割ると「ティント・デ・ベラーノ」という爽やかなカクテルになりますよ。
ただし、甘口の赤ワインやロゼ、白ワインは糖質が多めなので気をつけましょう。

・糖質ゼロのお酒

最近では糖質ゼロのビールや缶チューハイをコンビニなどで気軽に買うことができます。
これらも糖質量がゼロのため、ダイエット中でも安心して飲めるのが嬉しいポイントです。

しかし、口当たりがいい分、飲酒量が増えがちなので気をつけましょう。

ダイエット中のお酒の飲み方・注意点

・くれぐれも飲みすぎない

ここまでダイエット中でもOKなお酒をいくつかご紹介しましたが、いずれにしても飲みすぎるのはNG。いくら糖質量が少なくても飲みすぎると代謝が鈍くなり、太りやすい体になってしまうのです。

また、お酒を飲みすぎると判断力が低下するため、やけ食いや暴飲暴食をしてしまう危険性も。

そうなるとダイエットも続かなくなってしまうので、十分に気をつけましょう。

・こまめに水を飲む

「飲みすぎないように気をつけていても、酔っ払うとついついお酒が進んでしまう」という方も多いかと思います。そんな方は、お酒を飲みながらこまめに水を飲むようにしましょう。

お酒と水を同じ分量交互に飲むことでアルコール濃度が薄まり、深酔いや二日酔いの予防になります。
家でお酒を飲むときはもちろん、外での飲み会の際はお酒と一緒に水を頼みましょう。

・太りにくいおつまみを選ぶ

いくら太りにくいお酒を選んでいても、カロリーの高いおつまみを食べていては意味がありません。ダイエット中は太りにくいおつまみを選んで、余計なカロリーをとらないようにしましょう。

なお、カロリー以外に糖質を摂りすぎないこともポイントです。
焼き鳥や焼き肉のタレは糖質量が多いので、できるだけ塩やしょうゆだけで味付けされたものを選びましょう。
ちなみに良質なタンパク質は、アルコールの分解を助けてくれます。
枝豆や冷奴は低カロリーなうえに低脂肪・高タンパク質ですから、お酒のおともに大変お勧めです。

~ダイエット中にお勧めのおつまみ~

・枝豆
・冷奴
・するめ
・サラダ
・野菜スティック
・焼き魚
・刺身
・焼き鳥(塩)
・ローストビーフ(塩)

・塩分を摂りすぎない

お酒を飲むと、ついつい味の濃いおつまみが欲しくなってしまうもの。
しかし、塩分を摂りすぎると体内に余分な水分が溜まり、むくみやすくなってしまいます。

むくみが悪化すると、体が冷えて代謝が落ちる原因にもなるため、できる限り薄味のおつまみを選んで、塩分量を調節しましょう。

・締めのラーメンやデザートを食べない

お酒を飲んだあとに欲しくなってしまうのが、ラーメンやデザートなどの糖質量の多いもの。これは、アルコールの分解に糖質が使われるため、欲求が増すのだといわれています。

しかし、そこで欲求に負けて食べてしまっては、ダイエットの努力も水の泡。

どうしても甘いものが食べたいときは、果物や低カロリーのゼリーなどを少し食べる程度に留めましょう。

お酒が好きな方にとって、ダイエット中の禁酒はつらいものがあるでしょう。

無理にお酒をセーブしているとストレスにつながって、ダイエットの中断や暴飲暴食を起こす可能性もあります。
ストレスフリーに楽しくダイエットに励むためにも、太りにくい飲み方に気をつけてお酒を楽しみましょう。くれぐれも飲みすぎには要注意です。

また、お酒の飲み方を工夫してもなかなか思うようにダイエット効果が得られないという場合は、自身の努力に加えてプロの力を借りるという方法もあります。

メディカルエステのダイエットコースに挑戦することで、効率的に理想的なボディラインを手にすることができます。ぜひ、初回お試しプランをご体験ください。

 

■セルフダイエットで効果が得られない方に「全身痩せダイエットプログラム」がお勧め!

ダイエットコラム一覧

ダイエットケア

シーズラボのダイエットケアは医師が全メニューを開発!
使用するマシンにもこだわり、結果重視のメディカルダイエットをご提供しています。

全身痩せダイエットプログラム詳細へ

即効痩せキャビテーションコース詳細へ

太ももしぼり出しコースへ

セルライト徹底攻略コースⅡ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント