このエントリーをはてなブックマークに追加

生理中は体がむくみやすい? 女性なら知っておきたい原因と対策方法

生理中は体がむくみやすい? 女性なら知っておきたい原因と対策方法

生理中は体が重く感じるだけでなく、実際にむくみやすいもの。
むくみのせいで、体重が2~3kg増えるという女性も少なくありません。
ただでさえ体調や気分が優れない生理期間。これに加えてむくみが生じてしまうと、人に会うのもオシャレをするのも億劫になってしまいます。
一体なぜ生理中はむくみやすくなるのか、対策方法とあわせてチェックしてみましょう。

生理中は体がむくむ? 生理とむくみの関係とは?

・生理中はホルモンバランスの影響で体内に水分を蓄えやすい

生理中のむくみには、女性ならではのホルモンバランスが大きく関わっています。
女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり、むくみを引き起こしているのは後者のプロゲステロンです。
プロゲステロンには、女性を妊娠に適した体にするために、栄養や水分を蓄える力を強くする働きがあります。そして、このプロゲステロンは、排卵期の後から生理前にあたる「黄体期」に急激に増加するという特徴があるため、生理中にむくみが発生しやすいのです。
ちなみにプロゲステロンによるむくみは生理中だけでなく、生理前から発生します。
生理前から体が重く感じたり、体重が増えるのは、プロゲステロンの影響が大きいといえるでしょう。

・生理が始まるとむくみが徐々に収まってくる

生理が始まるとプロゲステロンの分泌量は減り、今度は徐々にエストロゲンの分泌量が増えていきます。
すると、むくみが徐々に収まり、生理前から悩まされがちな肌荒れや便秘なども解消されていくため、生理中の一時的なむくみについてはそれほど心配する必要はありません。
しかし、女性としては「生理中もできるだけむくみを防ぎたい!」というのが本音でしょう。
そのためにできることを、以下から詳しくご紹介します。

生理中のむくみを防ぐ対策方法

・身体を温める

体が冷えて血行が悪くなると、老廃物が溜まってむくみやすくなります。
また、冷えはホルモンバランスを乱すため、肌荒れや便秘を悪化させる原因にもなります。
むくみを防いで体調を整えるためにも、積極的に体を温めるようにしましょう。
とくに生理中は体が冷えやすい時期なので、腹巻きやカイロ、レッグウォーマーなどでしっかり防寒することが大切です。
また、食事や飲み物は温かいものを選び、内臓から体温をキープしましょう。
夜は湯船にゆっくり浸かって、体の芯から温まると効果的です。

・塩分やアルコール、カフェインを摂りすぎない

塩分やアルコールを摂りすぎると、体内に余分な水分を溜めやすくなります。
そもそも生理中は脱水や貧血が起こりやすいため、飲酒そのものを控えたほうがいいといわれています。お酒は生理後の楽しみにして、生理中は塩分控えめで消化の良い食事を心がけましょう。
また、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインも、むくみを悪化させる原因になります。
生理中のドリンクには、カフェインレスコーヒーやハーブティーを選んでみましょう。

・カリウムをとる

カリウムには、体内の余分な塩分を排出する働きがあります。水分代謝を改善してくれますから、むくみが気になるときは意識的にとるようにしましょう。
なお、カリウムはバナナやアボカド、トマト、きゅうり、セロリ、スイカなどに多く含まれています。ただし、これらは体を冷やしやすいという特徴もあるので、一気に摂りすぎないことが大切です。

・適度な運動をする

生理中は体が重くなったり体調が優れないこともあり、できれば動きたくないと感じるもの。しかし、そのままじっとしていると、血行が悪くなってむくみが悪化してしまいます。
気になるむくみを防ぐためにも、生理中でもストレッチやヨガなど、軽めの運動を取り入れるのがお勧めです。
適度な運動にはストレス発散や便秘解消の効果もあるので、生理中の不快症状の緩和にも期待ができます。ただし、筋トレなどの激しい運動は体に大きな負担をかけるので、生理中は控えましょう。

・マッサージをする

マッサージをすると血液やリンパの流れがよくなり、むくみが解消されやすくなります。
手のひらで体の末端から内側に向かってさすり、老廃物の排出を促しましょう。
ちなみに顔の場合は、顔の内側から外側に向かってマッサージして、最後に耳下から鎖骨に向かってなでおろすと効果的です。
なお、マッサージはストレッチ後やお風呂上がりなど、血行が良くなっているタイミングで行うのがポイントです。マッサージクリームやオイルを塗って滑りをよくした上で、やさしくじっくりとマッサージを行いましょう。
また、日中のオフィスでむくみが気になった場合も、軽いマッサージを取り入れることをお勧めします。伸びやストレッチをして軽く体を動かしたあとや、ホットドリンクで体を温めたあとに行いましょう。

・十分な睡眠をとる

睡眠中は、水分代謝が促進されるタイミングなので、むくみを解消するには十分な睡眠が欠かせません。生理中はいつもより早めに就寝することを心がけ、十分な睡眠をとるようにしましょう。
睡眠の質を高めるためにも、寝る前のパソコンやスマホの使用は避け、リラックス状態を作ることが大切です。リラックス効果を高めるラベンダーのアロマオイルを寝室で使用するなどの工夫も取り入れてみましょう。

生理中はただでさえ肌や体、精神状態のコンディションが低下するもの。さらに、むくみが生じると気分まで下がってしまいます。
また、むくみを放置しているとセルライトがつきやすい体になってしまいます。一度できてしまったセルライトは自力での解消が難しいため、プロによる施術が有効です。
メディカルエステでの施術でスッキリボディを目指しましょう。

■慢性的なむくみによる頑固なセルライトには「セルライト徹底攻略コースⅡ」がぴったり!

むくみコラム一覧

ボディケア

ボディ専用のピーリング剤をお悩み別に使い分け肌トラブルへアプローチ。
医学理論に基づくケア徹底ケアで肌トラブルを解消!

背中ニキビ・シミ解消コース詳細へ

二の腕ざらつきコース詳細へ

ワキ・ビキニライン色素沈着コース詳細へ

お尻ニキビ改善コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント