このエントリーをはてなブックマークに追加

クレーター肌は改善できる!?ニキビ跡を目立たなくするケア方法

クレーター肌は改善できる!?ニキビ跡を目立たなくするケア方法

間違ったスキンケアによる肌の乾燥、仕事によるストレスなどいくつかの原因が重なることで大人になってからもニキビができることがあります。

大人のニキビは症状をこじらせてしまいがち。それにより、クレーター肌になることがあるので注意が必要です。

クレーターになったニキビ跡の改善を目指すにはどのようなケアをしたら良いのでしょうか。ここでは、クレーターとなってしまったニキビ跡を目立たなくするケア方法をご紹介します。

ニキビがクレーターとして肌に残ってしまう原因

ニキビが炎症を起こしてしまった時にニキビ跡ができることがありますが、ダメージを受けた皮膚の深さによってニキビ跡に違いが出てきます。

皮膚は最も表面に位置する組織から順番に表皮・真皮・皮下組織の三層から成り立っています。真皮は肌のハリや弾力を左右する層で表皮を下から支えていますが、表皮のようなターンオーバーの機能を持たないため深いダメージを受けてしまった場合に組織がもとの状態に戻りにくくなることがあるのです。

ニキビが炎症を起こした際にダメージを受けた部分が表皮だけに留まっている場合、肌のターンオーバーの働きによってニキビ跡が目立たなくなることがあります。しかし、ダメージが真皮や皮下組織などの深い部分にまで及んでしまった場合、真皮層や皮下組織が破壊されてハリを失い陥没することで肌にクレーターができてしまうのです。

また、皮膚が十分なうるおいを保っていて柔らかくターンオーバーの働きが活発であればニキビができたとしても皮膚へのダメージが浅くて済む場合があります。
しかし、肌が乾燥して硬くなっている場合には角質層のバリア機能がうまく働かないことから、ニキビが悪化しやすくダメージが深い部分にまで及んでクレーターのニキビ跡が残りやすいのです。

クレーター肌を作らないためのニキビケア


●丁寧な洗顔で毛穴の奥の汚れを取り去る

肌にクレーターを作らないためには、皮膚の炎症の原因となるニキビを作らないようにすることが大切です。洗顔はニキビを作らないための基本となるケアなので、毎日の洗顔で毛穴の奥の汚れを丁寧に取り去るようにしましょう。

洗顔料はできるだけ肌に優しく毛穴の奥の汚れを吸着する特徴を持つものを選ぶようにしましょう。そして、泡立てネットで弾力のある泡を作ってから丁寧に洗顔するようにしてください。

●化粧水や美容液で十分な保湿を心がける

肌がうるおいを保っていると、角質層のバリア機能の働きが高まります。ニキビができた場合でも肌に弾力やうるおいがある状態だと肌へのダメージを最小限に留める対策がとれるので、洗顔後は化粧水や美容液などで十分に保湿するようにしましょう。

お勧めなのがセラミド配合の化粧水や美容液です。セラミドはもともと肌に存在しているうるおい成分のひとつで、水分を油分で挟みこんで高い保湿効果が期待できるので乾燥しやすい肌を優しくサポートしてくれます。

●肌に負担を与えないクレンジングを実践する

メイク汚れが毛穴に詰まったままだとニキビができやすくなってしまいます。メイクを落すためにはクレンジングが必要ですが、石油系の合成界面活性剤配合のものは刺激が強く肌に負担を与えてしまうのでお勧めできません。

ニキビを作らないためには肌環境を整えることが大切なので、自然由来の原料から作られたクレンジング料を選ぶと良いでしょう。
また、クレンジングの際に肌をゴシゴシと擦ると角質層を傷つけてバリア機能が低下しやすくなるので、丁寧に優しくメイクを落すようにしましょう。

クレーター肌の改善方法

●保湿効果が期待できる化粧水や美容液でケアする

肌が乾燥していると外部の刺激に弱くなるだけではなく、クレーターのニキビ跡が目立ちやすくなります。十分に保湿してうるおいのあるふっくらとした肌を保つことで、クレーターの改善を目指しながらニキビ跡を目立たなくさせることができるでしょう。

最も高い保湿効果を期待できる成分がセラミドです。肌に補った水分を長時間維持する働きを持つことから、肌が乾燥することでニキビができてしまうタイプの方にお勧めです。

一方、脂性肌の方やストレスなどで過剰に皮脂が分泌される方であれば、軽い使用感で肌に水分を補うことができる天然保湿因子(NMF)配合の化粧水や美容液を使うと良いでしょう。NMFは角質細胞にもともと存在しているもので肌馴染みが良い特徴を持ちます。

●コラーゲンを含む食べ物を食事にとり入れる

化粧水や美容液に含まれている保湿成分は角質層にうるおいを与えることはできますが、真皮層には届きません。クレーターは真皮層にダメージが及ぶことで生じるものなので食事を通して身体の内側からケアをすることが大切です。

食事の際は、豚肉・手羽先・ゼリーなどコラーゲンが含まれている食べ物をとり入れて補うようにしましょう。

●マイルドなピーリングで肌のターンオーバーをサポートする

肌が乾燥すると古い角質が溜まることで角質層が厚くなりクレーターが目立つことがあります。過度なピーリングは肌に刺激を与えるのでお勧めできませんが、使用回数を守って肌に優しいピーリングをすることでターンオーバーのサポートに繋がるのです。
メディカルエステのシーズ・ラボでは、個人に合わせてピーリング剤を選んでおります。肌のターンオーバーのリズムが整うことで柔らかく弾力のある肌を目指せるので、クレーターが目立ちにくくなるでしょう。

クレーター肌を作らないためにはニキビを予防することが最善策です。
もしクレーター肌になってしまった場合は、専門のスタッフがいるメディカルエステでの改善ケアも考えてはいかがでしょうか。

ツルスベ肌をいち早く手に入れたい場合は「ニキビ跡・凹凸解消コース」で徹底ケアを!

ニキビコラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

ウルトラCiリフトコース詳細へ

プロリフトRFコース詳細へ

メガ導入リフティングコース詳細へ

ニキビ撃退フェイシャルコース詳細へ

シミ解消白肌コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント