このエントリーをはてなブックマークに追加

「よかれと思って」が間違い! 鼻の毛穴の黒ずみを作るNGケア5つ

「よかれと思って」が間違い! 鼻の毛穴の黒ずみを作るNGケア5つ

「鼻の毛穴の黒ずみを解消したいから、色々なケアをやっている」という方は多いはずです。
しかし、「よかれと思ってやっていたことが、かえって黒ずみを作る原因になっていた……」なんてこともあるのです。
具体的にどのようなケアがNGなのか、正しいケア方法とあわせて詳しく探ってみましょう。

鼻の毛穴の黒ずみを作るNGケア5つ

1.毛穴パック

黒ずみ対策グッズとして有名な毛穴パックですが、かえって黒ずみを悪化させる恐れがあります。なぜなら毛穴パックは肌への刺激が強く、必要な角質までペリペリと剥がしてしまうためです。
すると薄くなった肌を守るために、角質が硬くて分厚い状態になります。その結果、キメが乱れて毛穴が開き、黒ずみも目立つようになってしまうのです。

2.ゴシゴシ洗浄

黒ずみを解消しようと、ゴシゴシと鼻を洗っていませんか?
しかし、これもNGです。洗い過ぎると肌の保湿成分が洗い流されて、乾燥してしまいます。
すると肌は硬くなり、毛穴のポツポツが目立ってしまうのです。

また、皮脂を根こそぎ落とすと、かえって過剰な皮脂分泌を引き起こす可能性があります。
表面はベタつくのに、内部は乾燥したインナードライ肌になってしまう恐れもあるため、ゴシゴシとこするような洗顔は避けましょう。

3.過度のピーリング

ピーリングは古い角質を取り除いてくれますが、頻繁におこなっていると必要な角質までそぎ落としてしまいます。すると肌のターンオーバーが間に合わなくなり、結果的に黒ずみを悪化させることになってしまいます。

ただし、ピーリングをしてはいけない、というわけではありません。
自宅でする場合は、1~2週間に1度ほどの頻度を守っておこなうようにしましょう。

4.指や爪で押し出す

「毛穴から角栓がひょっこり出ていると、つい指や爪で押し出してしまう」という人は意外と多いです。
しかし、指や爪には雑菌がたくさん付着しているため、毛穴の炎症を引き起こす原因になります。

また、肌や血管を傷つけることで、かゆみや赤みを引き起こすこともあります。
百害あって一利なしともいえるため、できる限りしないようにしましょう。

5.綿棒や針などでかき出す

上記のことから「衛生的な綿棒や消毒した針でかき出せば、OKなのでは?」と思った方もいるかもしれません。
しかし、綿棒は肌をこするだけで黒ずみはかき出せませんし、針では毛穴を大きく傷つけて炎症を引き起こしてしまう恐れがあります。

そもそもこのような行為で黒ずみがとれたとしても、またすぐに新しい黒ずみができてしまいがちなのでケアとして効果的ではありません。

むしろ、以前よりも毛穴が開いて目立ってしまうこともあるので、決してやらないようにしましょう。

毛穴の黒ずみの正しいケア方法とは?

今度は、黒ずみの正しいケア方法について探ってみましょう。
予防法から、できてしまった黒ずみの対処法まで詳しくご紹介します。

≪まずは正しく洗って黒ずみ予防≫

毛穴の黒ずみの正体は、皮脂と古い角質がくっついてできた角栓が酸化し、黒ずんだものです。黒ずみを作らないためには、正しく洗顔することが大切です。

たっぷりの泡で優しく洗うことで、皮脂と古い角質が落ち黒ずみの予防になります。

≪できてしまった黒ずみには蒸しタオルや酵素洗顔を≫

すでにできてしまった黒ずみは、洗顔だけではなかなかとり除けません。
その場合は週に1度ほど、蒸しタオルで毛穴を開いてから、クレンジングで洗い流すことをお勧めします。

また、酵素洗顔も良いでしょう。
市販されている酵素洗顔料には古い角質を溶かす酵素が入っているため、毛穴の詰まりを解消することができます。

ただしいずれの場合も、一度にスッキリと落とすことは難しいので、週に1度のペースでおこなうようにしましょう。

定期的におこなって古い角質が剥がれ落ちていけば、徐々に黒ずみも目立たなくなっていきます。
一度で目に見える効果が現れなくても、慌てずに長く続けていくことが黒ずみケアのポイントです。

≪適度に保湿ケアをする≫

毛穴の黒ずみ対策には、保湿ケアも必要です。
なぜなら肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れて古い角質が残りやすくなってしまうため。
また、余計な皮脂が出る原因にもなります。

そのため、洗浄した後には化粧水や乳液で保湿ケアをしましょう。
それでも乾燥する場合は、クリームやオイルを薄くつけてみてください。

≪紫外線対策をする≫

黒ずみと紫外線、一見何の関係性もないように思う方もいるでしょう。
しかし、紫外線は角質を固くしたり、皮脂の酸化を引き起こしたりして黒ずみを悪化させます。

特に鼻は他の部位より高いため、紫外線を浴びやすいパーツです。
小鼻までしっかりと日焼け止めを塗り、日中の化粧直しではUVカット効果のあるパウダーを重ねて紫外線をブロックしましょう。

こういったホームケアで黒ずみが改善できない場合は、メディカルエステのシーズ・ラボにお任せください。深層海洋水やp-レフィニルを用いる医師開発のケアのため、ホームケアとは異なるアプローチが可能です。オプションで、ポアレスパックやバイオプトロンをプラスして、黒ずみケアだけでなく毛穴の開きケアを図ることもできます。

鼻の毛穴の黒ずみは、メイクでもなかなか隠せず、すっぴんになればさらに目立ってしまいやすい部位です。
NGケアはいますぐ卒業して、適切なケアで毛穴の目立たない鼻へと育てていきましょう。

■「毛穴解消ピーリングコース」のダブルピーリングやイオン導入で、毛穴の目立たない肌を手に入れよう!

毛穴・黒ずみコラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

ウルトラCiリフトコース詳細へ

プロリフトRFコース詳細へ

メガ導入リフティングコース詳細へ

ニキビ撃退フェイシャルコース詳細へ

シミ解消白肌コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント