このエントリーをはてなブックマークに追加

毛穴にシミ? 通常の黒ずみケアでは治らない「メラニン毛穴」とは

毛穴にシミ? 通常の黒ずみケアでは治らない「メラニン毛穴」とは

毛穴が黒ずんでいると、「毛穴に汚れが溜まっている」と思いがちです。

しかしなかには、メラニン色素が黒ずみを作っている「メラニン毛穴」のケースもあります。メラニン毛穴とはどんなものなのか、解消方法とあわせて詳しく探ってみましょう。

メラニン毛穴とは?

毛穴が黒ずむ原因といえば、角栓の酸化が有名です。
古い角質と皮脂でできた角栓が酸化すると、ポツポツと目立つ黒ずみができてしまうのです。このような黒ずみは、角栓を取り除くケアがお勧めです。

しかし、毛穴が黒ずむ原因は角栓だけとは限りません。実は毛穴の周りにメラニン色素が蓄積した場合も、ポツポツと黒ずんで見えてしまうのです。

イメージとしては、毛穴の周り1つ1つにシミができているような状態です。このような毛穴は「メラニン毛穴」と呼ばれていて、ケアするためにはメラニンの排出を促す必要があります。

角栓による黒ずみ毛穴は、触るとザラザラしています。対してメラニン毛穴は、比較的つるつるとしているのが特徴です。
どちらか判断がつかない場合は、直接触って確かめてみましょう。

メラニン毛穴ができる原因

≪紫外線≫

メラニン毛穴ができる主な原因は、紫外線です。
紫外線を浴びると、その刺激から肌を守るために大量のメラニンが作られます。
そのメラニンが毛穴周りに蓄積すると、ご紹介したようなメラニン毛穴ができてしまうのです。

毛穴周りにメラニンが蓄積しやすい理由としては、皮脂の分泌が考えられます。
皮脂が紫外線によって酸化すると、過酸化脂質という物質に変化し、色素沈着を招いてしまうのです。

≪ターンオーバーの乱れ≫

メラニンが作られる主な原因は紫外線です。
肌のターンオーバーが正常に働いていれば、メラニンがスムーズに排出され、メラニン毛穴ができるリスクも軽減されます。
しかし、何らかの原因によって肌のターンオーバーが乱れていると、メラニンが蓄積しやすくなるのです。

ターンオーバーの乱れは、加齢や乾燥、間違ったスキンケア、睡眠不足、ストレス、血行不良などで生じます。
そのため、メラニン毛穴を改善するためには、普段のスキンケアや生活習慣を見直すことも大切です。

メラニン毛穴のケア方法

メラニン毛穴を改善する具体的な方法をチェックしていきましょう。

≪美白ケアをプラス≫

シミと同じように、メラニン毛穴にも美白化粧品によるケアがお勧めです。ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが配合された美白化粧品を使うことで、毛穴に蓄積したメラニンの排出を促すことができるのです。

美白ケアは保湿ケアと組み合わせることで、効果がアップするといわれています。そのため、基礎化粧品は高保湿タイプを選び、そのラインナップに美白美容液をプラスしましょう。

メディカルエステのシーズ・ラボでは、最新美白成分「ホワイト377」を用いた施術をおこなっております。肌のターンオーバーを正常な状態へと促し、美白成分を超音波導入にて肌奥にまで届けることで、ホームケアでは届かないシミやメラニンへのアタックが可能となります。

ホームケアでの美白ケアに限界を感じる場合は、ぜひ一度お試しください。

≪ローションパックもお勧め≫

メラニン毛穴の改善には、ローションパックもお勧めです。美白効果のある化粧水をコットンに含ませたら、気になる部分に乗せて1分ほどパックしましょう。メラニン毛穴の発生を未然に防ぐ働きも期待できます。

≪ターンオーバーを促すことも大切≫

ターンオーバーの乱れはメラニンの蓄積を招きます。ターンオーバーが停滞して肌がゴワついているようなら、拭き取り化粧水を使ったり、酵素洗顔やピーリングをおこなったりして、古い角質を取り除きましょう。

ただし過度のケアは、かえって肌に刺激を与えてメラニンの生成を促してしまいます。特に酵素洗顔やピーリングを頻繁におこなうのはNGです。酵素洗顔は週に1~2回、ピーリングは1~2週間に1回程度に留めましょう。

≪紫外線対策を怠らない≫

紫外線はメラニン毛穴の直接的原因になりますから、日頃からしっかりUVケアをおこないましょう。日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、日傘や帽子などで日差しを遮ることも大切です。

特に鼻は顔の中で一番日光を浴びやすいうえに、摩擦や皮脂などの影響で日焼け止めがとれやすくなっています。日焼け止めをこまめに塗り直して、メラニン毛穴の発生や悪化を防ぐようにしてください。

≪皮脂対策も取り入れて≫

皮脂が過剰に紫外線を浴びると、色素沈着を引き起こしてしまいます。皮脂対策のためには、皮脂をコントロールする下地を使ったり、浮いた皮脂をティッシュで優しく取り除いたりすることが大切です。細かいケアでメラニン毛穴を予防していきましょう。

≪質の高い睡眠を心がける≫

睡眠中は、ターンオーバーを整える成長ホルモンが多く分泌されます。そのため、メラニン毛穴の改善には十分な睡眠が欠かせません。

成長ホルモンは寝てから3時間のうちに多く分泌されるので、この間に深く眠りにつくことが大切です。寝る直前の食事や飲酒、スマホなどの操作は睡眠の質を低下させるので、できるだけ避けるようにしましょう。

間違ったケアを続けていると、メラニン毛穴が改善するどころか悪化してしまいます。しっかり判断したうえで正しいケアをおこなって、すっぴんでも自信の持てる毛穴を目指しましょう。

■肌の内側に原因がある「メラニン毛穴」は「シミ解消白肌コース」でクリアにしよう!

毛穴・黒ずみコラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

ウルトラCiリフトコース詳細へ

プロリフトRFコース詳細へ

メガ導入リフティングコース詳細へ

ニキビ撃退フェイシャルコース詳細へ

シミ解消白肌コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント