このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーライトが肌のたるみの原因に!?驚きのメカニズムと対策方法

ブルーライトが肌のたるみの原因に!?驚きのメカニズムと対策方法

PCやスマホは、現代人が仕事や生活をしていくうえで欠かすことのできないアイテムです。

仕事中はPCでデスクワークを行い、帰宅してからはスマホで情報収集をしている方は多いでしょう。

しかし、そのような行為は、若々しさを保ちたい女性にはあまりおすすめできません。

PCやスマホから発せられるブルーライトは、肌のたるみを引き起こし、老け顔の原因になるといわれているのです。

ブルーライトはどのようなメカニズムで肌をたるませるのか、今すぐ始めたい対策方法とあわせてチェックしてみましょう。

ブルーライトが肌のたるみを引き起こすメカニズム

紫外線と同じように活性酸素を発生させる

ブルーライトは紫外線と同じように、私たちの体内に活性酸素を発生させることがわかっています。

もともと活性酸素には有害物質から細胞を守る働きがあるのですが、紫外線やブルーライトなどの影響で過剰に作られると、健康な細胞まで攻撃するようになります。

すると肌の弾力を保つコラーゲンまで減少し、たるみを引き起こしてしまうのです。

このようなたるみはシワやほうれい線を深くする原因にもなるため、見た目年齢を引き上げてしまいます。

睡眠の質を下げることで肌を老化させる

ブルーライトは、睡眠の質を低下させることでも知られています。

脳を覚醒させる作用があるために、就寝前にブルーライトを浴びると眠りが浅くなってしまうのです。

質の良い睡眠がとれなくなれば、ホルモンバランスが崩れて肌の老化につながります。肌がたるむだけでなく、ニキビや肌荒れなどの原因にもなるため注意が必要です。

眼精疲労が目周りのたるみを引き起こす

ブルーライトは波長が短く、光が散乱しやすいという特徴があります。そしてこの特徴によって、眼精疲労が起こりやすくなります。

光の散乱による画像のちらつきを調整するために、目のピント調節機能が酷使されてしまうのです。

このような眼精疲労は目の周りの筋肉を固くして、たるみやシワを引き起こす原因になります。

肌のたるみを防ぐブルーライト対策方法

暇つぶしにスマホを利用しない

ブルーライトによる肌のたるみを防ぐためには、できるだけPCやスマホを見ないことが大切です。

しかし仕事で必要だと、それらを見ないというわけにはいきません。その分、暇つぶしのためのスマホ操作は、できるだけ減らすようにしましょう。

「退屈だからスマホでゲームをする」「暇だからSNSを見る」という行為は極力避けるようにしましょう。

時間が空いたときは本を読んだり、風景を眺めたりすることをおすすめします。それだけでもブルーライトを浴びる時間が減らせるため、たるみの予防につながります。

ブルーライトカットメガネを着用する

眼精疲労によるたるみ対策には、ブルーライトをカットするメガネの着用がおすすめです。

目に入るブルーライトの量を減らすことで、目の疲れや目周りのたるみ、クマなどの予防になります。

ディスプレイの輝度を下げる

PCやスマホのディスプレイの輝度を下げるだけでも、ブルーライトの量を減らすことができます。

スマホの場合はブルーライトをカットするアプリなどもありますから、上手に活用してみましょう。ブルーライトをカットする液晶保護フィルムをスマホの画面に貼り付けておくという方法もおすすめです。

目覚まし時計を使って起きる

起きるときにスマホのアラーム機能を使っていると、朝からブルーライトの影響を受けることになります。

朝にブルーライトを浴びると覚醒できる、という点はいいのですが、肌への影響を考えるとあまりおすすめできません。できるだけ目覚まし時計を用意するようにしましょう。

操作中はこまめに休憩をとる

長時間PCやスマホを操作していると、それだけ目周りの筋肉が固まり、たるみを引き起こしてしまいます。

1時間に1回は休憩をとり、目周りの筋肉をほぐすようにしましょう。遠くの景色を見たり、蒸しタオルで目元を温めたりすると目の疲れを緩和させることができます。

就寝前にはPCやスマホを見ない

寝る直前にブルーライトを浴びると、覚醒作用によって睡眠の質が低下してしまいます。

できるだけ就寝の1~2時間前ぐらいから、PCやスマホを見ないようにしましょう。

眠れない場合は本を読んだり、日記などを書いたりしてリラックスすることをおすすめします。

たるみ予防のエクササイズを行う

顔のたるみ予防には、表情筋を動かすエクササイズが効果的です。

長くPCやスマホを見ていると、まばたきが減って無表情にもなるため、顔の筋肉が固まってしまいます。以下のようなエクササイズをこまめに行って、老け顔を予防しましょう。

口角を引き上げるエクササイズ

① 唇を閉じたまま、口角を引き上げて笑顔を作る
② そのまま10秒キープして、もとに戻す

舌回しエクササイズ

① 唇を閉じた状態で、左右のほうれい線を内側から押すように舌を回す
② 右回りに10回、左回りに10回、繰り返す

目周りの筋肉をほぐすエクササイズ

① 目をぎゅーっと閉じて5秒キープする
② 目を大きく見開いて5秒キープする
③ 1と2を交互に繰り返す
以上、ブルーライトと肌のたるみの関係性や、対策方法をご紹介しました。

PCやスマホは現代に生きる私たちにとって欠かせないもの。だからこそ、使い方に注意して肌のたるみを進行させない工夫をすることが大切です。今すぐ対策を立てて若々しい顔を保っていきましょう。

また、すでに肌のたるみが気になっているという方は、メディカルエステで施術を受けるのがおすすめです。

高周波ラジオ波を照射することで、切らずに肌のたるみをケアすることができます。

メディカルエステだからこそ受けられる施術なので、諦めていた肌のたるみでもリフトアップが期待できます。セルフケアに限界を感じている方も、ぜひ一度お試しください。

■悩ましい肌のたるみ解消に「たるみ解消ラジオ波コース

しわ・たるみコラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

ウルトラCiリフトコース詳細へ

プロリフトRFコース詳細へ

メガ導入リフティングコース詳細へ

ニキビ撃退フェイシャルコース詳細へ

シミ解消白肌コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント