このエントリーをはてなブックマークに追加

肌のバリア機能が低下すると「シワ」まで増える? 2つの意外な関係性

肌のバリア機能が低下すると「シワ」まで増える? 2つの意外な関係性

私たちの肌には、外部刺激から肌を守るための「バリア機能」が備わっています。
このバリア機能が低下すると、紫外線や摩擦などの刺激を受けやすくなり、シミやニキビができやすくなるのです。
しかもバリア機能の低下は、見た目年齢に大きな影響を与えるシワまで増やすといわれています。どのようなメカニズムでシワが増えるのか、対策方法などとあわせて詳しく見ていきましょう。

「肌のバリア機能」と「シワ」の関係とは?

・肌のバリア機能が低下する=肌が乾燥する

そもそも肌のバリア機能は、肌のうるおいが保たれているときに発揮されます。
肌の表面を覆う「皮脂」と、角質細胞内にある「天然保湿因子」「細胞間脂質」がバランスよく保たれていると、外部刺激に負けない強い肌になるのです。
しかし、何らかの原因でこれらのバランスが崩れると、肌のバリア機能が低下します。
すると外部刺激に弱い肌になるだけでなく、肌の水分が角質のすき間から蒸発し、乾燥してしまうのです。

・肌の乾燥は細かなシワの原因に

肌の乾燥は、シワを進行させる原因になります。
肌は外側にある「表皮」とその奥にある「真皮」の2層構造でできているのですが、表皮の水分量が低下すると、ひび割れのような細かなシワができてしまうのです。

・乾燥した肌に紫外線を浴びると深いシワの原因に

表皮のシワは、比較的浅く小さなシワですが、「大したことはない」と甘く見てはいけません。
肌のバリア機能が低下すると外部刺激に弱い肌になりますから、紫外線ダメージも受けやすくなります。肌に浴びせられた紫外線は真皮にまでダメージを与え、肌の弾力を保つコラーゲンなどを破壊します。
つまり、肌のバリア機能が低下している状態で紫外線を浴びると、肌がたるみ、深いシワまで引き起こしてしまうのです。

シワの増加につながる肌のバリア機能が低下する原因

・加齢

肌のバリア機能が低下する原因の1つは、加齢です。
年を重ねると、上でご紹介した「皮脂」「天然保湿因子」「細胞間脂質」が減少し、バリア機能が低下しやすくなるのです。
そのため、年を重ねて乾燥しやすくなった肌には、丁寧なスキンケアを行ってこれらの成分を化粧品などで補う必要があります。

・保湿不足や間違ったスキンケア

保湿をしなかったり肌を洗いすぎていると、肌のバリア機能の低下につながります。
肌のバリア機能を保つ皮脂やセラミドなどは、洗顔料やボディソープ、お湯によって流出してしまうのです。
たとえ若くても、間違ったスキンケアをしている方はシワができやすくなってしまうといえるでしょう。「まだ20代だからスキンケアは適当でも大丈夫」と油断するのは禁物です。

・生活習慣や食生活の乱れ

睡眠不足や栄養不足も、肌のバリア機能を低下させる原因になります。
生活や食事が乱れていると肌のターンオーバーが正しく機能しなくなり、バリア機能も壊れてしまうのです。
この場合も、若くからシワができる原因になってしまいます。

シワを増やさない! 肌のバリア機能を保つための方法とは?

・肌を洗いすぎない

先述している通り、肌を洗いすぎるとバリア機能を保つ皮脂やセラミドなどが流出してしまいます。
洗顔は多くても1日2回までとし、ゴシゴシと強く洗わないようにしましょう。たっぷりと泡立てた洗顔料でやさしく洗うのもポイントです。
また、洗顔料を洗い流す際は熱いお湯を使わずに、人肌程度のぬるま湯で洗うことが大切です。

・正しく効果的な保湿ケアをする

肌の乾燥を防ぐためには、丁寧にスキンケアを行って肌を保湿してあげることが大切です。
しかし、化粧品をただつければいいというわけではありません。
大切なのは、効果的な保湿成分を補うこと。
細胞間脂質の主成分である「セラミド」や、水分を蓄える「ヒアルロン酸」など、保湿成分を含んだ化粧品で、やさしくケアすることが重要なのです。
また、皮脂量が少ない肌には油分を補う必要があります。スキンケアの最後には、保湿クリームや美容オイルをプラスして、水分を閉じ込めましょう。

・紫外線対策をする

紫外線は肌の炎症を引き起こし、バリア機能を低下させます。
また、バリア機能が低下していると紫外線が侵入しやすくなり、深いシワを作る原因にもなります。
つまり、健やかな若々しい肌を保つためには、徹底した紫外線対策が必要不可欠なのです。
化粧直しをするとともに日焼け止めをこまめに塗り直したり、日傘や帽子、衣類などで紫外線をしっかりブロックしたりしましょう。

・生活習慣を整える

睡眠不足や栄養不足は、お肌の大敵といえます。
普段から規則正しい生活をして、十分な睡眠と栄養補給を心がけましょう。
なお、肌のバリア機能を保つためには、コラーゲンの材料にもなるタンパク質、肌の代謝を助けるビタミンやミネラルが欠かせません。
肉や魚、大豆製品、野菜、海藻類などをバランスよく食べて、外部刺激にも乾燥にも負けない強い肌を作りましょう。

肌のバリア機能は“肌トラブルを防ぐためのもの”というイメージがありますが、実は見た目年齢にも大きく関わっています。
シワを防ぎ、若々しい見た目を保つためにも、バリア機能を意識したスキンケア&インナーケアを行っていきましょう。
また、すでに深く刻まれたシワは自力での改善が難しくなります。そんなときには、メディカルエステでプロの手を借りるという方法が有効です。
同年代の女性たちと一歩差をつけるためにも、メディカルエステの力をお試しください。

■年齢を重ねた肌のシワを改善したいなら「メガ導入リフティングコース」の3ステップがおすすめ!

しわ・たるみコラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

ウルトラCiリフトコース詳細へ

プロリフトRFコース詳細へ

メガ導入リフティングコース詳細へ

ニキビ撃退フェイシャルコース詳細へ

シミ解消白肌コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント