このエントリーをはてなブックマークに追加

長時間のスマホは「たるみ」を作る!?顔を老けさせない使用方法

長時間のスマホは「たるみ」を作る!?顔を老けさせない使用方法

私たちの生活に欠かせないアイテムとなっているスマホ。
しかし、スマホの使用方法や使用時間に問題があると、肌のたるみの原因になることがあります。
意外と無視できないスマホとたるみの関係について、たるみを防ぐための使用方法とあわせてご紹介します。

スマホが肌のたるみを招く理由

≪姿勢が悪くなるため≫

スマホを使うと、顔が下に向いているので自然と猫背になってしまいます。
これが、肌のたるみを招く大きな要因です。
猫背になると重心が前に傾くため、頬や口角に大きな負荷がかかり、下にひっぱられてしまうのです。

≪血行不良になるため≫

猫背になっていたり、スマホを長時間見て動かずにいたりすると、血行不良に陥ります。内臓が圧迫されたり、筋肉を動かさなかったりするために、血液の流れが悪くなってしまうのです。
血行が悪くなると老廃物が溜まりやすくなりますから、結果的に肌のたるみを引き起こしてしまいます。

≪無表情になるため≫

顔の皮膚は、その下にある筋肉=表情筋によって支えられています。しかしスマホを見ている時は、ほとんどの人が無表情になっています。
そのため、表情筋が衰えて肌がたるみやすくなるのです。

≪目の乾燥や疲れを招くため≫

スマホを見ている時は、まばたきの回数が半分以下に減るといわれています。また、画面を集中して見るので、目周りの筋肉が凝り固まってしまいます。
その結果、目の乾燥や疲れによって目周りの血行が悪くなり、まぶたや目尻のたるみを引き起こしてしまうのです。

≪睡眠不足による影響≫

スマホの画面から発せられるブルーライトには、脳を覚醒させる作用があります。
そのため、夜遅くまでスマホを見ていると寝つきが悪くなり、睡眠時間が短くなってしまう恐れがあるのです。
睡眠不足になると肌の新陳代謝まで衰えてしまうため、たるみや肌荒れなどの原因になります。

たるみを防ぐ! スマホの正しい使用方法

スマホを使用していると、上記のような理由から肌のたるみが引き起こされやすくなります。
しかし「スマホを絶対に使用しない」というのは、現代人にとって難しいもの。
そのため、以下のような方法や工夫で、肌への負担をできるだけ減らしていきましょう。

≪スマホを高い位置に上げる≫

スマホを高い位置に持ち上げながら見ることで、猫背や前かがみの姿勢になるのを防ぐことができます。
ポイントは、一度正しい姿勢になり、その目の高さにスマホの画面を持ってくること。
片手を脇に挟み、もう片方の手でスマホを持つと、比較的楽に高い位置をキープできます。

また、長いアームがついたスマホ用スタンドを使う方法もお勧めです。
高さや角度を調節し、良い姿勢で見られる位置にスマホを固定しましょう。

≪こまめに休憩をとる・まばたきをする≫

スマホを使用する時は、こまめに休憩をとりましょう。
目を休ませることで、筋肉疲労を和らげることができます。

また、スマホを見ている時はまばたきが減るので、意識的にまばたきをすることも大切です。
目の乾燥を防ぐことで、眼精疲労と目周りのたるみ対策になります。

≪ブルーライト対策をする≫

ブルーライトは睡眠時間に影響を与えるだけでなく、目の網膜にもダメージを与えます。目に入るブルーライトの量を、できるだけ減らすように工夫しましょう。
ブルーライトをカットするアプリを利用したり、PC用メガネをかけたりする方法がお手軽なのでお勧めです。

≪フェイスエクササイズをする≫

スマホを見ている時は、ついつい無表情になってしまいがち。そんな時こそ意識的にフェイスエクササイズをおこないましょう。

スマホを見ながらでも良いので、口角を思いっきり上げて笑顔になったり、「あいうえお」と大きく口を開いて表情筋を動かしたりすると効果的です。
表情筋を動かすことで顔全体の血行が促され、肌のたるみを防ぐことができます。

≪首や肩周りのストレッチをする≫

スマホを使用している時は、画面を見ている目しか疲れないと思っていませんか?
しかし実は首や肩、背中まで血行不良によって凝り固まってしまいます。

たるみ予防のために、スマホを見終わった後や休憩をとる時は、首や肩周りのストレッチもおこないましょう。
首の場合は、前後左右に倒したり、ぐるっと頭を回したりするのが効果的です。
肩周りは、肩甲骨を意識しながら腕を前後に大きく回しましょう。

時間に余裕があるなら、体全体のストレッチもおこなうと◎
体全体を動かすことで血行がぐんぐん良くなり、たるみの予防や疲労回復につながります。

≪就寝前はスマホを見ない≫

就寝前にスマホを見ると、体内時計が狂って寝つきが悪くなります。寝る2時間前くらいからは、スマホを見ないようにしましょう。
「スマホを布団に持ち込まない」というルールを作るだけでも、睡眠や美容に良い効果をもたらします。

以上、スマホと肌のたるみの関係や、対策方法についてご紹介しました。
私たちにとってスマホは手放せないものです。
だからこそ、肌のたるみを引き寄せない使い方を意識していきましょう。

■「ウルトラCiリフトコース」で既にできてしまった“たるみ”に直接アプローチ!

しわ・たるみコラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

ウルトラCiリフトコース詳細へ

プロリフトRFコース詳細へ

メガ導入リフティングコース詳細へ

ニキビ撃退フェイシャルコース詳細へ

シミ解消白肌コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント