このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクが原因でシミができる!意外な関係性と対策方法

メイクが原因でシミができる!意外な関係性と対策方法

現代の女性のほとんどが、毎日のようにメイクをしています。しかしそのメイクが、シミの原因になってしまうことがあるってご存じでしたか?
メイクとシミにはどのような関係があるのか、シミを作らないための対策方法とあわせてチェックしてみましょう。

メイクがシミを引き起こす理由・メカニズム

≪メイクをするときの刺激≫

シミができる原因といえば、太陽から降り注ぐ紫外線が有名です。
しかし肌を強くこすったときの刺激も、シミが増える原因になります。

もともとメラニンは、紫外線などの刺激から肌細胞を守るために生成されています。
そのため、肌を強くこすったときも「肌を刺激から守らなきゃ!」という指令が出て、メラニンを作り出してしまうのです。

そしてそんな刺激が起こりやすいのが、メイク中です。
ファンデーションを塗ったり、チークやアイシャドウをつけたりするときに肌を強くこすっていると、シミができる原因になってしまうのです。
特に伸びの悪い化粧品や、肌触りの悪いメイク道具を使っていると、肌に大きな刺激を与え、シミを増やしてしまいます。

≪古い化粧品による刺激≫

化粧品には使用期限があることを知っていますか?
使用期限が過ぎた化粧品は、雑菌が繁殖していたり、空気に触れたりすることで酸化しています。
そのような古い化粧品を使っていると肌が刺激され、シミのもとであるメラニンが作られてしまうのです。

≪メイク道具の汚れによる刺激≫

メイクに使うパフやブラシが汚れている場合も、雑菌による刺激を受けやすくなります。
雑菌が肌の炎症を引き起こすことで、シミを作りやすくしてしまうのです。

≪間違ったクレンジングによる刺激≫

メイクをした日の夜は、必ずクレンジングをおこなうもの。
しかしそのクレンジング方法が間違っている場合も、シミを増やす恐れがあります。

クレンジング料をつけながら肌をゴシゴシとこすっていると、よりいっそう強い刺激が加わって、シミができやすくなってしまうのです。
また、洗浄力が強いクレンジング料を使用している場合も、肌のバリア機能が衰えて、シミができやすい肌を作り出してしまいます。

メイクでシミを作らないためには

以上のように、メイクにはシミを作る原因がたくさん隠れています。
しかし現代の女性がメイクをせずに出かける、というのはなかなか難しいこと。
そのため、メイクでシミを作らないための対策方法を取り入れていきましょう。

≪伸びの良い化粧品を使う≫

メイクでシミを作らないためには、「メイク中、肌をこすらないこと」が最も重要です。
そこで意識したいのが、化粧品の伸びの良さ。

少量でもスッと伸びて広がるような柔らかいテクスチャの化粧品を使うことで、肌への負担を減らすことができます。
なお、伸びが悪い化粧品を使う場合は、乳液やオイルを1~2滴混ぜて使用してみましょう。

≪肌触りの良いメイク道具を使う≫

パフやブラシなどのメイク道具も、柔らかく肌触りの良いものを使うことで、シミの予防になります。高品質なもの、さらに自分の顔に直接当てて「気持ち良い」と思えるものを選びましょう。

≪メイク道具を清潔にする≫

汚れたメイク道具は、こまめに洗って清潔に保ちましょう。
メイク道具専用のソープを使って洗えば、傷みも少なく長持ちさせることができます。

ただし洗った後、水分が残ったままになっていると、かえって雑菌が繁殖する恐れがあります。しっかり水分を切り、風通しの良い場所で完全に乾かしてから使うようにしましょう。

≪化粧品を定期的に買い換える≫

化粧品の中身がまだ残っていても、定期的に買い替えて肌への刺激を減らしましょう。
なお、化粧品を開封した後の使用期限は以下のようになります。

 マスカラ……3ヶ月以内
 ファンデーション、リップアイテム……6ヶ月以内
 アイシャドウ……1年以内
 チーク……2年以内

これらの使用期限は、あくまでも目安です。
明らかに傷みが目立つときは、早めに買い替えましょう。

≪帰宅後は早めにメイクを落とす≫

メイクを落とさずに長時間放置していると、シミを増やす原因になります。
メイクに含まれる油分や皮脂が時間とともに酸化すると、メラニンの生成を促す過酸化脂質に変化してしまうのです。
そのリスクを食い止めるために、帰宅後はできるだけ早くメイクを落としましょう。

≪ポイントメイクは専用リムーバーで落とす≫

マスカラなどのポイントメイクは、通常のクレンジング料では落としにくいもの。
だからといってゴシゴシとこすって落とそうとすると、その部分の色素沈着を招いてしまいます。

落としにくいポイントメイクは、専用のリムーバーを使って落とすようにしましょう。
リムーバーをコットンに十分な量をしみ込ませて、メイク部分に10秒ほど当てます。その後、手をするっとすべらせるようにオフします。粘膜ギリギリのアイラインなどは、綿棒を使って丁寧に落としていきましょう。
クレンジングの際は、リムーバーが目に入らないように注意してください。

以上、メイクとシミの関係、そしてシミを作らないための対策方法をご紹介しました。
肌の悩みをカバーしてくれるメイクでシミを作ってしまっては、本末転倒です。
シミのないクリアな素肌を保つために、肌に優しいメイクやクレンジングを心がけていきましょう。

■メイク方法を見直しても改善しないシミは医師開発の「シミ解消白肌コース」に!

シミ・肝斑コラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

ウルトラCiリフトコース詳細へ

プロリフトRFコース詳細へ

メガ導入リフティングコース詳細へ

ニキビ撃退フェイシャルコース詳細へ

シミ解消白肌コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント