このエントリーをはてなブックマークに追加

夏までに背中しみを改善するには?

夏までに背中しみを改善するには?

夏は薄着になる季節なので、肌のケアを十分にしておきたいですよね。背中しみが気になって肌を見せるファッションに消極的になってしまっては、せっかくの夏を満喫できません。背中しみができるメカニズムを知り、夏までのケアを心がけましょう。
今回は、今すぐ始められる背中しみの改善法をご紹介します。

背中しみができやすい理由3つ

1.背中は紫外線対策が行き届きにくい

しみができる主な原因は紫外線による肌のダメージです。紫外線を浴びると紫外線の悪影響から肌を守ろうとする働きによって肌内部に活性酸素が作られます。
適度な量の活性酸素は肌にとって良い働きをしてくれるのですが、過剰に作られた活性酸素は肌にとって有害です。そのため、肌を守ろうとする機能によってメラニン色素が多く作られます。ところが、あまりにも多くのメラニン色素が作られてしまうとターンオーバーの働きが追いつかなくなってしまうのです。

特に背中はUVケアが行き届きにくい部分なので紫外線の影響を受けやすく、肌内部で作られたメラニン色素が外に排出されないことが原因でしみができやすい傾向があります。

2.背中は角質層が厚くニキビができやすい

背中はほかの皮膚よりも角質層が厚いので、毛穴に皮脂が詰まりやすくニキビができやすい部分です。また、背中は衣服の摩擦でニキビが悪化しやすいことからニキビ跡ができてしまうことがあります。

ニキビができやすい部分は皮膚が炎症を起こしていることからターンオーバーの機能が低下しており、紫外線を浴びた際にニキビ跡がシミのようになってしまうことがあるのです。

3.背中は乾燥しやすく肌のバリア機能が低下しやすい

背中は皮脂腺が少なく、肌の水分と油分のバランスが崩れがちなので乾燥しやすい部分です。肌が乾燥すると外部の刺激から肌を守っている角質層のバリア機能が低下して、わずかな刺激でも色素沈着を起こしたり紫外線の影響を受けたりして背中しみができやすくなります。

また、乾燥しやすい背中はターンオーバーの機能が低下しているので、紫外線を浴びた際にできた背中しみが治りにくいのです。

背中しみを作らないためのケア方法4つ

1.背中の徹底したUVケアで紫外線対策をとる

背中は乾燥しやすくターンオーバーの機能が低下しやすい部分なので背中しみを作らないための対策をとる必要があります。

外出する時には丁寧に日焼け止めを塗って有害な紫外線から肌を守るようにしましょう。日焼け止めを塗る際に背中は手が届きにくいので、スプレータイプの日焼け止めがお勧めです。徹底したUVケアをすることでシミのない綺麗な背中を目指すことができます。

2.肌に刺激が強いナイロンタオルの使用を止める

入浴の際に、ナイロンタオルを使って背中をゴシゴシと擦るようにして洗うと肌にダメージを与えてしまいます。背中は乾燥しやすくデリケートな状態になりやすい部分なので、ナイロンタオルの刺激によって角質層のバリア機能が低下して紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。
身体を洗う際には柔らかいタオルを使うようにすることで、肌へのダメージを軽減しながら優しく汚れを洗い流すことができるでしょう。

3.肌に優しい衣類や寝具を選ぶ

背中は着ている服や寝具のシーツの摩擦によって毎日少しずつダメージを受けています。肌に蓄積したダメージによって角質層のバリア機能が低下してしまうので、できるだけ肌に優しい衣類や寝具を選ぶと良いでしょう。
それにより角質層の本来の働きが維持されやすくなるので、背中しみを作らないための対策をとることができます。

4.背中の汚れを丁寧に洗い流す

背中にニキビができると肌がデリケートな状態になって紫外線の影響を強く受けてしまうので、ニキビを作らないようにすることが大切です。

背中は角質層が厚く毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすいので、柔らかいタオルを使って丁寧に汚れを落とすようにしましょう。保湿成分配合のボディソープで背中を洗うようにすれば、汚れを落としながら保湿をすることができます。
合成界面活性剤を含むボディソープは汚れ落ちが良くても皮膚を乾燥させてしまうことがあるので、肌に優しい自然由来の原料から作られたボディソープを使用すると良いでしょう。

今すぐ始められる背中しみを改善する方法

●高い保湿効果が期待できる化粧水で背中を十分に保湿する

背中を十分に保湿することで角質層のバリア機能やターンオーバーの働きをサポートして背中しみの改善を目指すことができます。背中はお手入れが必要な範囲が広く手が届きにくいので、化粧水を使用する際にはパッティングスポンジに化粧水を染み込ませて背中の隅々まで保湿するようにしましょう。

コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドなどが配合された高い保湿効果が期待できる化粧水を使うようにすると背中の乾燥を防ぎシミのケアに役立ちます。

●美白対策がとれる美容製品でケアをする

背中しみの改善を目指す場合、保湿をすると同時に美白対策がとれる美容製品でケアすることが大切です。ビタミンC誘導体を含む化粧水や美容液は背中しみの予防対策に役立つ上に、できてしまった背中しみに働きかけるので背中しみの改善を目指す方をサポートしてくれます。

ただ、ドラッグストアなどで販売されているスキンケア用品の美容成分を、ホームケアだけで肌の奥まで十分に浸透させることは難しいです。そんな時はメディカルエステの施術がお勧めです。メディカルエステのイオン導入なら肌の奥にダイレクトに美容成分を届けてくれますし、ケア漏れの心配もありません。

背中は皮膚の特徴からシミができやすい原因をいくつも持っています。保湿やUVケアなどが行き届きにくい部分ですが、工夫をしながらお手入れすることで肌環境を整えることができるでしょう。ご紹介したケア方法は手軽ですぐに始めることができるので集中的なケアを実践してみてはいかがでしょうか。

自分の背中に合ったピーリング剤と有効成分を選んでくれる「背中ニキビ・シミコース」

シミ・肝斑コラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

ウルトラCiリフトコース詳細へ

プロリフトRFコース詳細へ

メガ導入リフティングコース詳細へ

ニキビ撃退フェイシャルコース詳細へ

シミ解消白肌コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント