このエントリーをはてなブックマークに追加

お肌が砂漠状態になるインナードライの「症状」と「原因」

お肌が砂漠状態になるインナードライの「症状」と「原因」


夏は、海やプールでのレジャーを楽しむ方も多いでしょう。その時、気になるのが背中のニキビや吹き出物といったブツブツではないでしょうか。
せっかく水着を着ても、背中のニキビや吹き出物が目立たないかどうかを気にしていては、レジャーを十分に楽しめませんよね。

レジャーを楽しむためにも、背中にニキビや吹き出物を作らないで、キレイな背中を保つことが大切です。その対策の1つとしてオススメするのが、洋服の選び方です!

背中ニキビができる理由


肩の横のラインと背骨の縦のラインを結ぶ部分は、背中のTゾーンと呼ばれています。この部分は特に多くの皮脂腺があり、皮脂分泌が盛んに行われています。そのため、ニキビはこのTゾーンを中心に出来ると言われています。

もし、背中を触ったときの感覚がザラザラしていたら、汚れと皮脂が混ざり合ったものが毛穴をふさぎ角栓となっている可能性があるため、しっかりと洗浄することが大切です。
また洋服により通気性が悪くなると、ニキビの元になる雑菌を繁殖させやすくしてしまうため、通気性がいい素材とデザインを重視して洋服を選ぶようにしましょう。

注意したい夏の洋服の素材

お肌が砂漠状態になるインナードライの「症状」と「原因」


汗をかきやすい夏は通気性の良い綿を使用した洋服を選ぶことがポイントですが、蒸れやすい特性のあるポリエステルを使用した洋服であっても、デザインに注意することで通気性を確保することは可能です。

ポリエステルは、高価な絹に似せて作られた安価で丈夫な化繊です。
落ち感のあるワンピースや、ふんわりした形のブラウスなど様々な衣料品にポリエステルは使用されています。ポリエステルであっても吸水速乾性加工がされていれば、快適に過ごすことができます。

インナー類は薄手の綿100%素材を使用し、蒸れやすいポリエステル100%ではなく綿や麻との混紡素材を選ぶようにするなど、素材の特性を考えて上手に活用することが、背中にニキビを作らないコツです。

パジャマや下着にも注意


通気性が悪い素材であっても、デザインが気に入っていていたりして着用したいという場合もありますよね。そんなときは、通気性の良い薄手の綿素材のインナーを使用するようにするといいでしょう。汗を吸い取り、蒸れを軽減してくれます。
また、人は眠っている間にも汗をかき続けています。睡眠中の背中は蒸れやすいため、パジャマの素材にも充分に注意しましょう。

洋服は長時間身につけるものですので、素材から見直すことは重要です。もしスキンケアをしっかり行っていても改善がみられないようであれば、洋服の素材を一度チェックしてみましょう。

クリスタル粒子を肌に吹きかけるピーリングケアが受けられる!「背中ニキビ・シミコース」
https://www.ci-z.com/solutions/bodyback/recommended.html

ボディスキンケアコラム一覧

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
大切なあの方へシーズ・ラボGIFT CARD
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら