エステサロン・メディカルエステなら【シーズ・ラボ】

logo.png

予約・問合せ全国共通フリーコール 0800-111-4116

※一部店舗認証より営業時間が異なります。

初めての方初回体験申込み

会員様専用来店予約

HOME

体験エステ

店舗一覧

シーズ・ラボについて

online_s.png

お問い合わせ

クリニカルサロン シーズ・ラボ【公式】>ビューティーコラム>セルライトコラム一覧>太らない体に? 脂肪燃焼の仕組みを知って理想の体に近づこう!

pickup1_03.png

エステティシャン ブログ

採用情報

スタッフ積極採用中!

FAQ

ご優待制度のご紹介

出版物・メディア掲載情報

ビューティーコラム

太らない体に? 脂肪燃焼の仕組みを知って理想の体に近づこう!

太らない体に? 脂肪燃焼の仕組みを知って理想の体に近づこう!

ダイエット方法のひとつである食事制限は、通常の食事に戻した時にもとの体重に戻ってしまうことがあります。
このように無理をして痩せる方法ではなく、もともと身体に備わっている脂肪燃焼の働きに注目するダイエット方法がお勧めです。
ここでは、脂肪燃焼の仕組みについて見ていきながら、脂肪燃焼のための食事や運動の仕方をご紹介します。

ダイエット成功の鍵となる脂肪燃焼の仕組み

同じものを食べていても、脂肪として蓄積されやすい方もいれば、そうでない方もいます。それは、身体に備わっている脂肪燃焼の働きの違い、つまり体質に違いがあるからです。
かといって「体質的なものだから、努力してもどうにもならないのでは?」と諦めるのは、もったいないといえるでしょう
なぜなら、脂肪燃焼の仕組みを知った上で食事や運動をすることで、理想的な状態を目指すことができるからです。

●血糖値に注目
食事をとると、血糖値が上昇して膵臓からインシュリンが分泌されます。
インシュリンは、血液中の糖を細胞に取り込むための大切な役割を持っており、食事を通して体内に取り取り込まれた糖は、活動をするためのエネルギーとして使われます。
そして、活動をする中で消費されなかった分は、脂肪として体内に蓄えられるのです。
さらに、身体にすでに蓄えられている脂肪に対して、脂肪燃焼を抑えようとする働きも同時に持っているため、インシュリンが過剰に分泌されてしまうと、脂肪がどんどん蓄積されることになります。
このことから、食事をとる時は、インシュリンが過剰に分泌されないように工夫しながら食べることが大切になってきます。

●運動時間も重要
人間の身体は、活動をするために常に必要なエネルギーを消費している状態です。
ただ、最初は脂肪ではなく血液中のエネルギーから消費されていきます。そして、血液中のエネルギーが消費してしまった後で、体内に蓄積されている脂肪をエネルギーとして消費するという順番になっています。
そのため少しの時間だけハードな運動をしたとしても、血液中のエネルギーが消費されただけで終わってしまい、脂肪燃焼にまで至らない場合も少なくありません。
脂肪燃焼を促すためには、ある程度の時間、運動をし続ける必要があることも覚えておきましょう。

脂肪を燃焼させるための食事のポイント


●グリセミック指数(GI値)の低い食品を食事にとり入れる
血糖値が上がり、最もインシュリンが分泌されるのが食事をしている時です。
特に空腹時に、急激に血糖値が上がるような食品を食べてしまうと、インシュリンがより多く分泌されてしまいます。できるだけ穏やかに血糖値を上げるように、食事内容を工夫するようにしましょう。
グリセミック指数(GI値)の低い食品は、糖が穏やかに身体に取り込まれるため、インシュリンの過剰分泌を防ぐ対策をとることができます。グリセミック指数(GI値)の低い食品は、玄米・春菊・イチゴ・牛肉・まぐろ・卵・大豆・昆布などがあります。

●脂肪燃焼に役立つ成分を含む食品を食事にとり入れる
食品の中には、脂肪燃焼に役立つ成分が含まれているものがあります。ダイエットを実践する方の中には、肉は脂肪蓄積させる食品だというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが。
しかし、赤身の肉は、豊富なタンパク質が含まれているだけではなく、L-カルニチンという脂肪燃焼に役立つ成分が含まれています。
もちろん、食べ過ぎは逆に脂肪蓄積に繋がってしまうため、ほどほどの量をさっぱりとした味付けで調理するなどの工夫が必要だといえるでしょう。

脂肪を燃焼させるための運動のポイント

脂肪を燃焼させるための運動のポイント

●有酸素運動をある程度の時間無理なく続ける
有酸素運動は、脂肪燃焼を目指す時に最適な運動です。それは、有酸素運動が、血液中のエネルギーを使用する運動だからです。
血液中のエネルギーを消費してしまった後、今度は脂肪として蓄積されているものがエネルギーとして使われるので、有酸素運動をある程度の時間続けることで脂肪燃焼を促せます。
有酸素運動には、水泳・ジョギング・ウォーキングなどがあります。
運動が苦手な方が長い時間無理なく続けることを前提とした場合、ウォーキングから取り組むのが良いでしょう。

●食事をする前のやや空腹の時に有酸素運動をする
有酸素運動は、血液中のエネルギーが少ない時にする方が効率良く脂肪を燃焼させることができます。
しかし、あまりにも空腹な時に運動をするのではなく、食事をする前のやや空腹の時に運動をすると良いでしょう。

ボディスキンケア/ body skin care

ボディ専用のピーリング剤をお悩み別に使い分け肌トラブルへアプローチ。
医学理論に基づくケア徹底ケアで肌トラブルを解消!

背中ニキビ・シミ解消コース

ボディ専用の高配合ピーリングで

すべすべ背中へ!

二の腕のザラつきコース

なかなか消えないざらつきを

取り除き肌質を改善!

ワキ・ビキニライン色素沈着コース

自己処理で黒ずみ

ブツブツになった肌も解消

お尻ニキビ改善コース

ボディ専用ピーリングで

お尻ニキビのない美尻へ!

初回体験エステのご予約

初めてプラン無料カウンセリング付

5,400円(税込み)

体験エステへのお申し込み

0800-111-4116

※一部営業時間が異なる店舗があります。詳しくは各店舗ページでご確認ください。

reservation_ttl.svg

reservation_img.svg

ウェブでのご予約はこちら

© Ciz:Medical Group All rights reserved.

Xmas_pc_footer_bun.png

640_80_aa_prolift_footer.png