このエントリーをはてなブックマークに追加

余分な脂肪を燃やす! 【理想的な体脂肪の落とし方】

余分な脂肪を燃やす! 【理想的な体脂肪の落とし方】


女性の多くは、余分な脂肪のないスリムな体型を目指しています。
そうなると、体脂肪は無駄なものというイメージとなってしまいがち。
しかし、体脂肪には大切な役割があるのです。
健康や美容を保つためには無理なダイエットを避けて、理想的な体脂肪の落し方をマスターすることが大切です。
ここでは、体脂肪について詳しく見ていきながら、体脂肪の理想的な落し方をご紹介します。

体脂肪の大切な役割とは?


●体の活動を支えるためのエネルギーを蓄える役割
体脂肪は、脂肪細胞が中性脂肪を蓄えることで増える仕組みとなっています。
体脂肪は血糖値が低くなった時に、体の活動を支えるためのエネルギーとして使われるようになっています。つまり、必要なエネルギーをすぐに補給することができない緊急時のための予備のエネルギーが体脂肪なのです。
体脂肪があるからこそ、血糖値が低下した場合でも円滑に活動を続けることができるのです。

●外部の衝撃や温度の変化から体を守る役割
体脂肪は、柔らかいクッションのような役割を果たしながら、外部の衝撃から体を守ってくれています。また、生命を維持するためには一定の体温を保つ必要があるのですが、脂肪は熱伝導率が低いという特徴を持つことから、余分な熱を外に逃がして必要な熱を維持することができるのです。
このように、体脂肪は外部の刺激から体を守る大切な役割を持っています。

●体内のホルモンを作り出す役割
私達の体は、ホルモンの分泌によって体内のリズムを保つことができます。
なかでも女性ホルモンは、妊娠や出産に備えるために体を整える働き以外にも、女性らしい体型を保つことや、うるおいのある髪や肌を保つ働きを持っています。
脂肪細胞は、体内のホルモンを作り出す働きを持っていることから、女性ホルモンの分泌を十分に促すためにもある程度の体脂肪が必要となってくるのです。

体脂肪の減らし過ぎはNG


体脂肪は、私達が生きていく上で必要な役割をいくつも持っています。
そのため、体脂肪が急激に減ってしまうと、活動をするために必要なエネルギー源が不足するだけではなく、健康や美容を維持するために欠かせない体内のホルモンを作りだすことができなくなるため、月経のリズムが乱れたり、肌が乾燥しやすくなったり、髪が抜けやすくなることがあります。

体脂肪は増え過ぎても高血圧や糖尿病などの生活習慣病の引き金となってしまいますが、減り過ぎても美容や健康を損なう原因となってしまうのです。

「女性の年齢別」理想的な体脂肪率とは?


理想の体脂肪率は男性と女性では違いがあり、男性が15%で、女性が20%と、女性の方が理想の体脂肪率の割合がやや高くなっています。
どちらかというと女性の方がダイエットに強い関心を寄せていますが、この割合からすると、理想的な状態を維持するためにも女性はある程度の体脂肪を維持する必要があるといえるでしょう。

体脂肪率は20%以下だと痩せていることになり、体脂肪率が25%~29%で軽肥満、体脂肪率30%以上で肥満ということになります。
このことから、20~24%の範囲内であれば標準的な体脂肪率といえるでしょう。

理想的な体脂肪の燃焼方法とは?

体脂肪の燃焼に役立つ食べ物を食事に取り入れる


●体脂肪の燃焼に役立つ食べ物を食事に取り入れる
極端な食事制限によるダイエットは、体内のホルモンバランスを崩す原因となるだけではなく、脂肪を燃焼させるために必要な栄養素が不足してしまいます。理想的に体脂肪を落としたい場合には、脂肪の燃焼に役立つ食べ物を食事にとり入れると良いでしょう。

唐辛子に含まれているカプサイシンは、血糖値を下げると共に体の代謝を促す働きが期待できます。生姜に含まれているジンゲロンは、体脂肪の燃焼を促す働きがあります。
さらに、グレープフルーツに含まれているナリンゲニンは、血糖値のバランスを整えて、体脂肪の燃焼を促す働きが期待できます。

これらの食べ物を食事にうまく取り入れることで、体脂肪の燃焼をサポートすることができるでしょう。

●穏やかに血糖値を上げてくれる食べ物をとるようにする
血糖値が下がってお腹が空いている時に、急激に血糖値が上がる食べ物を食べると、膵臓から多くのインシュリンが分泌されてしまいます。インシュリンは、血液中の糖を細胞内に取り込む働きを持つと同時に、使われなかった糖を体脂肪として蓄える働きを持つため、インシュリンが多く分泌されるほど体脂肪が増えてしまうのです。

効率良く体脂肪を燃焼させるには、血糖値を穏やかに上昇させるGI値が低い食べ物を多くとるようにすると良いでしょう。
低GI値の食べ物には、春雨・ホウレン草・イチゴ・昆布などがあります。

●毎日の中に有酸素運動を取り入れる
有酸素運動にはジョギングやサイクリングなどがありますが、これらの運度は脂肪をエネルギーとして消費するので体脂肪の燃焼に役立ちます。

ただ、体脂肪をより早く燃焼させたいと思うあまり激しい運動をしてしまうと、体内で多くの活性酸素が作られてしまい、細胞を錆びつかせてしまうなど老化の原因にも。
そのため、適度な運動を無理なく続けることが大切です。

体脂肪は体に役立つ反面、増えすぎると病気の原因になるなどのデメリットが生じてしまいます。
体脂肪をうまく燃焼させるためにも、毎日の食事に気を配りながら適度な運動を継続して健康的な生活習慣を身につけることが大切です。

■「健康的に痩せる」がモットーの「全身痩せダイエットプログラム」で理想のボディを!
https://www.ci-z.com/solutions/soshin/recommended.html

ダイエット・痩身・部分やせコラム一覧

ダイエットケア

シーズラボのダイエットケアは医師が全メニューを開発!
使用するマシンにもこだわり、結果重視のメディカルダイエットをご提供しています。

全身痩せダイエットプログラム詳細へ

即効痩せキャビテーションコース詳細へ

太ももしぼり出しコースへ

セルライト徹底攻略コースⅡ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら