このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹の脂肪が落ちない原因とは

お腹の脂肪が落ちない原因とは

ダイエットをしても、なかなか落ちないお腹の脂肪。
胸元や背中の肉は落ちるのに、ボコっと出てしまったお腹のお肉がどうしてもヘコまないと悩まされている女性も多いでしょう。
お腹の脂肪が落ちない原因には、どのようなものが挙げられるのでしょうか?

今回は、お腹の脂肪が落ちない原因についてお話します。

何が原因? お腹の脂肪が落ちない理由

お腹の脂肪が落ちない原因とは

・胃腸や子宮などの内臓があるから
お腹には、内臓がたくさん収まっています。
お腹は大切な臓器が集まっている場所だからこそ、冷えや衝撃から身体を守るために脂肪が付きやすいです。
特に女性は、下腹部に子宮と卵巣があります。
子宮と卵巣は赤ちゃんを育てる大切な臓器なので、女性の身体はお腹、腰回りに沢山脂肪を蓄えようと働き、また落としにくくすることで体を守っているのです。
女性の身体に皮下脂肪が多く付きやすいのは、子宮、卵巣を守ろうとする働きが大きく関係していると言われています。

・食事をセーブしている
ダイエットの際に、「○○しか食べない」「○○を多く食べる」というダイエットを行っている方も多くいらっしゃるはずです。しかし、体の栄養バランスが崩れてしまうと内臓脂肪が付きやすくなってしまうこともあるとご存知でしょうか。
一定の栄養のみ摂取されるということは、必要な栄養分が摂取されなくなるということ。
体内はバランスを崩すと他の栄養でその部分を補おうとするので、結果太ってしまうケースは少なくありません。

・エクササイズのやり方が違う
ダイエットに効果的とされる有酸素運動を日々行っている方も多くいらっしゃるはず。
しかし、有酸素運動は腹筋運動と直接的な繋がりはなく、お腹のタプタプを落とすには適していません。
お腹の筋肉は生活習慣によってたるみやすくなるので、筋肉による引き締めが無いと脂肪のつきやすい体を作る原因になってしまいます。
ランニングやエアロビクスなど、全身を使いながら腹筋を鍛えられる少し激しい運動が、お腹の脂肪を燃焼させることに効果的です。 また、内臓脂肪の多い方は体幹を鍛えるトレーニングを行うと劇的に効果を得ることができます。

・睡眠不足が続いている
睡眠時間が少ないと、食欲を抑えてくれるプレチンというホルモンの分泌が減少してしまうことが分かっています。
そして、このプレチンの減少の代わりに分泌が増加するのが食欲を促進してしまうグレリンというホルモン。
睡眠不足の人は、高脂肪のものを好んで食べてしまう傾向があり、食欲も増えて高脂肪を好んで食べるという悪循環が生まれてしまいます。

・体が冷えている
オフィスや睡眠時など、体を温めるよう意識していらっしゃいますか?
お腹には内臓を支える骨が無く、筋肉と脂肪で守られています。
そして脂肪は、冷えやすい場所に多く蓄積して体の冷えを減少しようとする働きがあるそうです。
体の冷えを特に気にせず、お腹、腰回りが冷えやすい格好や環境にいる方は、どれだけダイエットを行っても体を守ろうとする体の働きと並行してしまいます。

運動をしてもお腹の脂肪だけ落ちないという方は、あなたの生活習慣やダイエット方法を見直す必要があるかもしれません。
健康のためにも体の冷えを改善し、効率よく痩せられるよう注意してみてください。

頑固な脂肪を落として、美しいお腹を手に入れたいあなたに、即効痩せキャビテーションコース。
http://www.ci-z.com/solutions/soshinbubun/recommended.html

ダイエット・痩身・部分やせコラム一覧

ダイエットケア

シーズラボのダイエットケアは医師が全メニューを開発!
使用するマシンにもこだわり、結果重視のメディカルダイエットをご提供しています。

全身痩せダイエットプログラム詳細へ

即効痩せキャビテーションコース詳細へ

太ももしぼり出しコースへ

セルライト徹底攻略コースⅡ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら