エステサロン・メディカルエステなら【シーズ・ラボ】

logo.png

予約・問合せ全国共通フリーコール 0800-111-4116

※店舗により営業時間が異なります。

初めての方初回体験申込み

会員様専用来店予約

HOME

体験エステ

店舗一覧

シーズ・ラボについて

online_s.png

お問い合わせ

クリニカルサロン シーズ・ラボ【公式】>ビューティーコラム>ダイエット・痩身・部分やせコラム一覧>ダイエット成功の秘訣は「体温」基礎体温を上げる食事&生活習慣

エステティシャン ブログ

採用情報

スタッフ積極採用中!

FAQ

ご優待制度のご紹介

出版物・メディア掲載情報

ビューティーコラム

ダイエット成功の秘訣は「体温」基礎体温を上げる食事&生活習慣

ダイエット成功の秘訣は「体温」基礎体温を上げる食事&生活習慣

低体温や冷え性の人は、ダイエットが成功しにくいことをご存じでしたか?
体温が低い人は頑張ってダイエットをしても、なかなか成果が現れにくい可能性があるのです。
それはなぜなのか、体温を上げる方法とあわせて詳しくご紹介します。

体温が低いとダイエットが成功しにくい理由

人の身体には、何もしなくてもエネルギーが消費される基礎代謝というものがあります。
この基礎代謝は、私たちのエネルギー消費の約7割を占めています。
つまり基礎代謝量が多い人ほど太りにくく、ダイエットをした時にも痩せやすいのです。


しかし一方で、基礎体温が1度低いだけで、この基礎代謝が13%も下がるといわれています。そのため、低体温だとエネルギーの消費量が少なくなり、痩せにくくなってしまうのです。


こういったことから、ダイエットを成功させるためにはやみくもに食事制限をするだけでなく、体温を上げることも心がける必要があるのです。
その方法を、食事と生活習慣の両面から見ていきましょう。

基礎体温を上げる方法~食事編~

基礎体温を上げる方法~食事編~

≪冷たい食事や飲み物を避ける≫

冷たい食事や飲み物は、身体を内側から冷やしてしまいます。
さらに、内臓機能を低下させ、消化不良や下痢を引き起こしてしまうこともあります。ダイエットのためだけでなく、健康のためにも冷たい飲食物は避けるようにしましょう。


特に普段から飲み物は冷たいものを選んでしまいがちな方は注意が必要です。できるだけ常温以上、もしくはホットのものを飲むようにしましょう。



≪身体を温める食材を食べる≫

食材には、身体を温めるものと冷やすものがあります。
身体を冷やすのは、夏野菜、暖かい地域で採れる果物、白砂糖などです。


逆に身体を温めるのは、冬野菜、寒い地方で採れる果物、羊肉、鶏肉など。
なかでも、ごぼうやにんじんなどの根菜類は、低カロリーなうえに身体を温めてくれるため、ダイエットに最適です。
これらの野菜に加えて身体を温めるしょうがやニンニクで、根菜類たっぷりのお鍋を作ってみるのもおすすめです。



≪お菓子や加工食品を避ける≫

お菓子には白砂糖、加工食品には食品添加物が多く使われているため、血液がドロドロになってしまう恐れがあります。ドロドロ血液は流れにくいため、血行が悪くなり、体温の低下にもつながってしまうのです。


もともとお菓子や加工食品は栄養価が低いわりに、カロリーが高いもの。効率よくダイエットをするためにも、お菓子や加工食品はできるだけ避けるようにしましょう。



≪腹八分目を心がける≫

満腹になりすぎると消化のために胃腸に血液が集中し、血行が悪くなってしまいます。
また、胃腸に負担をかけることで消化不良になり、代謝が落ちてしまうこともあります。
普段から食べすぎや暴飲暴食を防ぎ、腹八分目を心がけましょう。適量で満足するクセをつければ、ダイエットもスムーズに進むでしょう。



≪カフェインを控える≫

カフェインは身体を緊張状態にさせるため、血行不良を招く可能性があります。
コーヒーや紅茶など、カフェインを含む飲み物はなるべく控えて、麦茶やハトムギ茶、ハーブティーなどのノンカフェインドリンクを選ぶようにしましょう。
最近ではカフェインレスのコーヒーや紅茶も手に入りやすくなっているので、こういった飲み物をとり入れることから始めてはいかがでしょうか。

基礎体温を上げる方法~生活習慣編~

≪睡眠をしっかりとる≫

基礎体温を上げるためには、睡眠をしっかりとることが大切です。
なぜなら睡眠時間が不足すると、自律神経が乱れて体温が下がってしまうため。


また、睡眠不足は食欲を増加させるグレリンというホルモンを増やすため、ダイエットの大敵にもなります。質の高い睡眠をとるために、夜は早めに照明を暗くして、リラックスできる空間を作りましょう。



≪湯船に浸かる≫

湯船に浸かると血行が促されて内臓機能が回復し、体温も上がりやすくなります。
シャワーだけだと冷えを招きやすいので、お風呂では必ず湯船にお湯をためて入浴しましょう。



≪運動をする≫

筋肉は多くの熱を生み出しているため、運動不足によって筋肉量が減ると体温が低下しやすくなります。


そのため、体温を上げるためにもダイエットのためにも、運動は必要不可欠です。
筋肉を増やすには筋トレが有効ですが、普段ほとんど運動をしていないなら、ウォーキングから始めてみましょう。
ウォーキングは下半身の筋肉を効率よく使うため、筋肉の強化、体温の向上につながります。
エネルギーをたくさん消費する筋肉を増やすことで、基礎代謝量のアップにもつながります。



≪薬を飲みすぎない≫

私たち現代人は、比較的簡単に頭痛薬や便秘薬などの薬に頼ってしまう傾向があります。
しかしそのような薬には、身体を冷やす作用があります。
症状がひどい時以外は、薬に頼りすぎないようにすることも大切です。



≪マッサージをする≫

マッサージをすると血行が促され、身体がポカポカと温まっていきます。
老廃物を流すリンパマッサージをしたり、足裏をまんべんなく揉んだりして、冷えやむくみを解消しましょう。

以上、ダイエットの成功につながる体温の上げ方についてご紹介しました。
一度に全部始めることは難しいですから、できることから始めて、温かく痩せやすい身体に整えていきましょう。
「急がば回れ」という言葉もあるように、焦らずにじっくりと時間をかけておこなっていくことがダイエットの秘訣です。

ダイエットケア/ diet care

シーズラボのダイエットケアは医師が全メニューを開発!
使用するマシンにもこだわり、結果重視のメディカルダイエットをご提供しています。

全身痩せダイエットプログラム

目指せ-10Kg!

メディカルダイエットで確実な結果を

即効痩せキャビテーションコース

日本初導入!キャビテーションで

気になる部分を徹底シェイプ!

太ももしぼり出しコース

ダイエットマシンのダブル使いで太ももの脂肪を徹底しぼり出し

セルライト徹底攻略コースⅡ

トリプルマシン使いで落ちにくいセルライトを徹底除去

初回体験エステのご予約

初めてプラン無料カウンセリング付

5,400円(税込み)

体験エステへのお申し込み

0800-111-4116

※一部営業時間が異なる店舗があります。詳しくは各店舗ページでご確認ください。

reservation_ttl.svg

reservation_img.svg

ウェブでのご予約はこちら

© Ciz:Medical Group All rights reserved.

640_80-hitokan.jpg

daytimekotei3.jpg