このエントリーをはてなブックマークに追加

痛くて座れない! お尻にニキビができた時の「効果的な改善策」

痛くて座れない! お尻にニキビができた時の「効果的な改善策」


顔以外の体の部位にも、ときどきニキビができることがありますよね。皮脂の分泌があれば、場所に限らずニキビはできてしまいます。
お尻にニキビができると、座っていることが苦痛になることも。普段は露出しない部分とはいえ、ニキビ跡が残ることは避けたいですよね。
お尻ニキビは、一体どうすれば改善できるのでしょうか?

お尻にニキビができてしまう理由


お尻は常に下着や衣類で覆われ、蒸れやすいことから雑菌が繁殖しやすい部位であるといえます。それに加えて、お尻は頭皮や背中ほどではないにしろ、皮脂の分泌が盛んな部分です。

また、お尻の皮膚は薄くデリケートです。普段のデスクワークに加え、食事中やテレビを見る時など多くの時間座ることに費やしています。座る動作によって圧迫されるお尻は、角質化しやすい特徴があります。
角質化した部分は、触るとざらっとしているはずです。色素が沈着して黒ずんでしまっている場合もあるでしょう。角質が分厚くなると、ニキビの元になる雑菌が繁殖しやすくなります。

お尻ニキビを作らないためには

痛くて座れない! お尻にニキビができた時の「効果的な改善策」


お尻のニキビを作らないようにするためには、常日頃から通気性の良い下着衣類を身に着けるようにしましょう。
直接肌に触れる下着類だけは、通気性の良い薄手の綿素材を利用したり、吸水速乾性に優れた素材にこだわることをおすすめします。

ニキビを作らせる雑菌は、湿度不衛生な場所が大好きです。汗をかいたままにしておくとニキビを悪化させることがあります。運動後、汗をかいたら放置せずに必ずシャワーを浴びましょう。

また、入浴時は特に注意してお尻に洗い残しがないように心がけ、時折角質のケアをすることでニキビができる回数は減らせます。
ただし顔の皮膚とお尻の皮膚の厚みは異なります。顔用のスキンケア用品では効果が出にくい場合があるため、ヒップボディ専用スキンケア用品を使用した方が無難です。

お尻にニキビができてしまった時の「ケア方法」


不衛生な状態にしておくことでニキビは悪化します。常に清潔な環境を意識しましょう。

また、お尻は座るときに摩擦が起きやすいため、固い素材の衣類は避けてできるだけ摩擦を軽減することが大切です。固い椅子の上に直接座るのではなく、クッション座布団などを利用してできるだけニキビに刺激を与えないようにこころがけましょう。

もし自然につぶれてしまった場合は、その部分にできるだけ刺激を与えないようにティッシュやコットンで優しくふきとり、つぶれたニキビ周囲を清潔に整えます。入浴時は患部をこすらないように注意しながら、石鹸を使って優しく洗い流すといいでしょう。

さらにニキビ跡を残さないためには、ニキビの部分を圧迫したり傷つけたりしないようにすることが重要です。

お尻にニキビができると日常生活にも支障をきたしてしまいます。まずはニキビを作らないように心がけて、キレイなお尻を保つようにしましょう!

お尻のニキビやブツブツには「ヒップざらつきコース」のオリジナルピーリングを!
https://www.ci-z.com/solutions/arm/hips.html

お尻のコラム一覧

ボディケア

ボディ専用のピーリング剤をお悩み別に使い分け肌トラブルへアプローチ。
医学理論に基づくケア徹底ケアで肌トラブルを解消!

背中ニキビ

二の腕ざらつき(毛孔性苔癬)

ワキの黒ずみ・色素沈着

お尻のニキビ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
大切なあの方へシーズ・ラボGIFT CARD
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら