このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビ?粉瘤? お尻にできる「ぶつぶつ」とは?

ニキビ?粉瘤? お尻にできる「ぶつぶつ」とは?

お尻にできてしまった、消えない「ぶつぶつ」に悩んではいませんか?

放っておくと炎症が起こって、痛みやさらなる悪化に繋がりかねません。
ぶつぶつの正体を知り、適切な対策でつるんと綺麗なお尻を目指しましょう!

お尻の消えない「ぶつぶつ」の正体

ニキビ?粉瘤? お尻にできる「ぶつぶつ」とは?

お尻にできるぶつぶつには、大きく分けて2種類存在します。
ひとつは顔や背中にもできるニキビが、お尻にできてしまうケースです。
ニキビの原因菌であるアクネ菌やブドウ球菌がお尻に増殖して、ニキビとなってしまいます。
小さなものならできたり消えたりを繰り返しますが、大きなものだと芯が残って消えにくくなるでしょう。

そしてもうひとつは、粉瘤(ふんりゅう)があげられます。
ニキビと間違えられやすいのですが、粉瘤はしこりがあるのが特徴です。
皮膚の下に皮脂や垢が詰まってできる、良性の腫瘍と言われています。

しかし細菌に感染すると炎症や痛みを引き起こすため、悪化には注意が必要です。
粉瘤は一度できてしまうと自然には完治しません。
そのため「消える気配がない」という時は粉瘤を疑い、病院の診察を受けましょう。

ぶつぶつができてしまう理由

お尻にニキビができてしまう理由には、皮膚の皮脂分泌が関わっています。
ニキビの原因菌は皮脂をエサとして増殖するため、皮脂が過剰になればニキビも増えてしまうのです。
また、お尻は座ることによって頻繁に刺激される部位です。
角質が硬くなって皮脂が詰まりやすくなり、より一層ニキビができやすくなります。

粉瘤は毛穴の奥が炎症を起こし、内側に袋ができてしまう炎症です。
袋の中に表皮と同じ皮脂や垢が詰まり、場合によってはどんどん大きくなってしまいます。
しかし粉瘤ができる理由は、いまだに詳しく判明していないのが現状です。

日頃からできる対策法

ニキビ?粉瘤? お尻にできる「ぶつぶつ」とは?

できたり消えたりを繰り返すニキビの場合なら、肌を清潔に保つことが重要です。
入浴時にはよく泡立てた石鹸を使い、手のひらで優しく洗いましょう。
ニキビ用ボディソープも効果的です。

また、食生活や生活リズムにも普段から気を配りましょう。
過剰な糖質や脂質の摂取を控え、和食中心の健康的な食事を心がけることが大切です。
十分な睡眠も、ニキビ肌対策に繋がります。

粉瘤の場合は、病院での早めの受診がおすすめです。
場合によっては手術が必要になるケースもあります。
ニキビと見分けがつかない時も、専門家の指示を受けたほうが良いでしょう。

ぶつぶつができてしまった時は早めに対策を行い、つるんとした美しいお尻を手に入れてください。


10種類以上のピーリング剤を使い分けぶつぶつや色素沈着を解消!ヒップざらつきコース
http://www.ci-z.com/solutions/arm/hips.html

お尻のコラム一覧

ボディケア

ボディ専用のピーリング剤をお悩み別に使い分け肌トラブルへアプローチ。
医学理論に基づくケア徹底ケアで肌トラブルを解消!

背中ニキビ・シミ解消コース詳細へ

二の腕ざらつきコース詳細へ

ワキ・ビキニライン色素沈着コース詳細へ

お尻ニキビ改善コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら