このエントリーをはてなブックマークに追加

顔と同じケアでいい? お尻にできたニキビの原因とケア方法

顔と同じケアでいい? お尻にできたニキビの原因とケア方法


ニキビは顔やデコルテなどの皮脂の分泌が多いところにできやすいですが、実はお尻にもできることがあります。
お尻にニキビができると、座るたびに痛く感じたり治りにくかったりと大変な思いをしてしまいます。
では、お尻にできてしまったら、どのようなケアをすればいいのでしょうか。 そこで今回はお尻ニキビの原因とケア方法を紹介します。

なぜお尻にニキビができるの?


顔にできるニキビの原因は、毛穴に皮脂やメイクなどの汚れがつまり、それが炎症を起こしてしまうことでできますが、ではお尻の場合はどうでしょう。
お尻ニキビの原因はいくつかあります。

・シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが付着する
ひとつはお風呂の際に、シャンプーやコンディショナーが付着することです。
しっかりと体を洗っていても、そのあとにシャンプーやコンディショナーをして、その泡がお尻に付着してしまうとサッと流すだけでは不十分となります。
お風呂から上がるときには、体の隅々までキレイにシャワーで洗い流すようにしてください。

・下着による締めつけや蒸れ
サイズの合わない下着による蒸れや摺れ、締めつけがニキビの原因となることがあります。
きつすぎても緩すぎても摩擦が生じてしまいますし、素材によっては蒸れやすいものもあります。
常に下着の中が蒸れていると、アクネ菌が繁殖してニキビができやすい環境になってしまうのです。通気性の良い下着を選ぶようにしましょう。

・長時間座るデスクワークの方は要注意
デスクワークや、車移動が多い方は1日のほとんどを座って過ごしていると思います。
座っている時間が長いと、お尻に体重が乗っている時間が多くなるため、お尻への刺激も多くなります。
さらに、椅子や服などで擦れたり蒸れたりの原因にもなるので、お尻のニキビができやすい環境にあるのです。
お尻のことを考えて長時間座りっぱなしは避け、1時間に1度は立ち上がったり、お手洗いに行ったりしてリフレッシュするようにするのがおすすめです。

お尻ニキビのケア方法

お尻ニキビのケア方法


できてしまったニキビは、これ以上悪化させないためにもまずは清潔に保つことが大切です。
直接お尻に触れる下着を清潔なものにするのは当たり前ですが、洋服にまで気を遣うようにしてください。さらに、部屋着やパジャマも毎日取り換えて常に清潔を保てるように気をるけましょう。

また夜は洗顔だけでお風呂には入らず、朝にシャワーを浴びるという方もいるかもしれませんが、お尻ニキビを改善するには、その日の汚れはその日のうちに落とすことが大切です。
夜のうちにお風呂に入って、体を温めるようにしましょう。
ゆっくりと湯船につかることで、睡眠の質が良くなり肌のターンオーバーを整えることもできるのです。
ニキビを改善するには、体の内側のケアを忘れないようにしてください。

さらに、お尻のニキビは衣服からの擦れなどによる乾燥もひとつの原因です。
ボディクリームやオイルなどでしっかりと保湿をするよう心掛けましょう。

自分だけのケアでは不安という方は、エステなどでプロの手を借りるのも良い方法です。
ツルツルなたまご肌のお尻を目指して、お尻ニキビとお別れしてください。

「お尻ニキビ改善コース」
https://www.ci-z.com/solutions/arm/hips-nikibi.html

ニキビコラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

しわ・たるみ(超音波)

しわ・たるみ(ラジオ波)

しわ・たるみ(メガ導入)

ニキビ・ニキビ跡

しみ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
大切なあの方へシーズ・ラボGIFT CARD
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら