このエントリーをはてなブックマークに追加

皮脂は悪者じゃない!? 皮脂の役割と上手なケア方法

皮脂は悪者じゃない!? 皮脂の役割と上手なケア方法


「皮脂はテカリやニキビの原因になるから……」と敵視していませんか?
しかし皮脂は、美肌を保つために必要不可欠な存在です。
皮脂の役割を知り、上手な皮脂ケアで肌トラブルを防いでいきましょう。

皮脂の役割


≪肌の潤いを保つ≫
皮脂は毛穴から分泌されると汗と混ざり合って乳化し、肌を守る保護膜になります。
この膜は水分の蒸発を防いでくれるため、肌のうるおいを保ってくれるのです。
また、適度な皮脂は頭皮や髪にもうるおいを与えて、フケやかゆみを予防します。

≪雑菌の繁殖を防ぐ≫
皮脂が皮膚の常在菌によって分解されると、オレイン酸などの脂肪酸が発生します。
脂肪酸は肌のうるおいを保つと共に、肌を弱酸性にします。
弱酸性で安定すると雑菌が繁殖しにくくなり、肌トラブルを防ぐことができるのです。

≪外部刺激から肌を守る≫
皮脂によって保護膜ができると、外部刺激に負けにくい肌になります。
外部からのウイルス、雑菌、刺激から肌を守り、炎症や肌荒れのない健やかな状態をキープできるのです。

皮脂の重要性


≪皮脂が少なくなるとどうなる?≫
何らかの原因で皮脂の分泌量が極端に減ったり、洗顔などで皮脂を洗い落としすぎると、肌にはさまざまなトラブルが現れます。
うるおいのベールがなくなるために肌が乾燥し、シワや肌荒れが起こりやすくなるのです。
また、乾燥が原因のかゆみ、フケ、肌のごわつきも目立つようになるでしょう。
つまり皮脂は悪者ではなく、健康的で若々しい肌を保つために欠かせない存在なのです。

ただし、過剰な皮脂には注意が必要です。
皮脂の分泌量が多すぎると毛穴が詰まってニキビになったり、皮脂をエサとする菌が増えて脂漏性皮膚炎を引き起こしてしまいます。

美肌を保つために大切なことは、皮脂を上手にコントロールすること。
では、そのための具体的な方法を詳しく見ていきましょう。

皮脂の上手なケア方法~スキンケア編~

皮脂は悪者じゃない!? 皮脂の役割と上手なケア方法


≪皮脂を落としすぎない≫
オイリー肌の人がやってしまいがちなのが、皮脂を落としすぎるスキンケアです。
過剰な洗顔やあぶらとり紙で皮脂を取り除きすぎると、保護膜が失われ、肌の乾燥がひどくなります。
すると、かえって脂浮きが目立つインナードライ肌になってしまうのです。
そのため、洗顔は1日に何度もやらず、多くても1日2回までにしましょう。
洗浄力のマイルドな洗顔料をしっかりと泡立てて、肌をこすらず優しく洗うことが大切です。
洗顔料を使った洗顔は1日1回でも十分なので、起床時にそれほど肌がベタついていないなら、朝はぬるま湯だけで洗顔しましょう。

≪保湿を十分にする≫
皮脂が多いと保湿を怠りがちですが、洗顔後は皮脂も肌の保湿成分も減っているため、とても無防備な状態です。
放っておくと肌の水分がどんどん蒸発してしまうので、できるだけすぐに保湿しましょう。
十分な保湿をすればインナードライ肌が改善され、脂浮きも目立ちにくくなります。
皮脂の分泌量の多さが気になる人は、油分の少ない化粧品を使いましょう。
ただし化粧水で水分を与えるだけでは、肌はうるおいません。
セラミドなど、保湿成分の入った保湿美容液やジェルなどで丁寧に保湿してください。

≪肌をこすらない≫
肌をこすると肌が傷ついてバリア機能が低下したり、毛穴に皮脂が入り込んでしまいます。
肌荒れやニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因になるので、極力こすらないように気をつけましょう。
特に洗顔中やスキンケア中は肌が水分でふやけているため、摩擦には十分な注意が必要です。
洗顔中は肌に直接触れないこと、スキンケア中はコットンや指で肌をこすらないことを意識しましょう。

≪テカリはティッシュで対策を≫
皮脂によるテカリが気になったら、ティッシュで軽く押さえるだけにしましょう。
ティッシュはあぶらとり紙より皮脂を吸収しませんが、その分適度な皮脂を残して乾燥を防ぐことができます。

~日常生活編~

≪睡眠不足・ストレスを避ける≫
睡眠不足や過剰なストレスは、ホルモンバランスの乱れを招いて男性ホルモンを優位にさせるため、皮脂量を増やす原因になります。
また、肌のターンオーバーを狂わせたり、老化を招く活性酸素を増やす原因にもなってしまいます。
皮脂の分泌を正常化するため、そして肌そのものを美しくするために、十分な睡眠とストレスの回避・解消を心がけましょう。

≪糖質・アルコール量を控えめにする≫
糖質やアルコールの摂取量が多いと皮脂の分泌が活発になります。
炭水化物やお菓子が好き、お酒がやめられないという人は、スキンケアの方法と共に食生活の見直しも必要です。
偏った食事や暴飲暴食は控えて、タンパク質・ビタミン・ミネラルがバランス良く含まれている食事をとるようにしましょう。

≪ビタミンB群を摂る≫
ビタミンB群には糖質や脂質の代謝を高めたり、肌や粘膜を健康に保つ効果があります。
不足すると余分な皮脂を増やしてしまうので、食事やサプリメントなどで積極的に補給しましょう。
~ビタミンB群の多い食材~
・ビタミンB1……豚肉、レバー、玄米、豆類など
・ビタミンB2……レバー、卵、納豆など
・ビタミンB6……かつお、まぐろ、レバーなど
・ビタミンB12……魚介類、レバーなど
・ナイアシン……かつお、ぶり、さばなど
パントテン酸……さけ、いわし、牛乳、卵など

皮脂バランスを整えるならシーズラボのフェイシャルケアもお勧め


ご紹介したように生活習慣を改めても皮脂の分泌が一向に改善されない場合は、ホームケアだけでは対応できない肌状態の恐れがあります。その時は、メディカルエステであるシーズラボを頼ってみてください。
シーズラボでは、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌したりコラーゲン線維を修復するラジオ波や、医師オリジナル美容液を肌の奥まで届ける施術を行っています。
肌の内側に働きかける施術により肌状態が整えば、自然と皮脂バランスも正常な状態へと導かれます。

皮脂分泌が過剰だとニキビやニキビ跡を生じさせ、素肌の美しさを奪いかねません。
余計な肌トラブルを抱え込まないために、早め早めのケアを心がけていきましょう。

■過剰な皮脂分泌によるニキビのお悩みは「ニキビ撃退フェイシャル」で解決を!
https://www.ci-z.com/solutions/nikibi/recommended.html

ニキビコラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

しわ・たるみ(超音波)

しわ・たるみ(ラジオ波)

しわ・たるみ(メガ導入)

ニキビ・ニキビ跡

しみ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
大切なあの方へシーズ・ラボGIFT CARD
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら