このエントリーをはてなブックマークに追加

その肌荒れ、花粉が原因かも? 花粉症皮膚炎の対策方法

その肌荒れ、花粉が原因かも? 花粉症皮膚炎の対策方法


花粉は鼻水や目の痒みだけでなく、肌荒れをも引き起こすことをご存知でしょうか。
このような肌荒れは「花粉症皮膚炎」と呼ばれ、近年多くの人を悩ませています。
そんな花粉症皮膚炎について、対策方法とあわせて詳しくご紹介します。

花粉症皮膚炎とは


花粉が原因となる皮膚炎を総称して「花粉症皮膚炎」と言います。
現れる症状は肌荒れや湿疹、かゆみ、乾燥、腫れ、ヒリヒリ感など、多種に渡ります。

これらの症状はいずれも肌のバリア機能の低下が大きく関係しています。
季節の変わり目による自律神経の乱れや空気の乾燥が、肌のバリア機能を低下させ、敏感な状態にさせているのです。
そこに花粉による刺激が加わることで、上記のような不快症状を引き起こします。

花粉症皮膚炎の対策方法


≪1.肌を花粉からガードする≫
花粉症皮膚炎の症状を抑えるためには、肌に花粉を付着させないことが大切です。
マスクやメガネ、帽子やストールなどを使って、花粉から肌を守りましょう。

ただし肌が敏感になっていると、マスクの摩擦が肌荒れの原因になることも。
できるだけ刺激の少ない、柔らかい素材のマスクを着用しましょう。

≪2.スペシャルケアは避ける≫
バリア機能が低下している肌を過剰にケアすると、必要な角質まではがれ落ち、さらに肌荒れを招いてしまいます。
敏感になっている時はパックやピーリングなどのスペシャルケアを避けて、必要最低限のケアで様子を見ましょう。

また、メイクやクレンジングもできるだけ回数を控えたほうが、肌への負担軽減につながります。
休日はノーメイクで過ごして、肌の回復を促しましょう。

≪3.保湿ケアは十分に≫
肌への負担を減らすことは大切ですが、乾燥を放置しているとさらにバリア機能を低下させてしまいます。
保湿ケアはくれぐれも怠らないようにしましょう。

なお、保湿をする時は敏感肌用の基礎化粧品や、肌への接触回数を減らすオールインワン化粧品を使うことをおすすめします。
決して肌をこすらずに、ハンドプレスで優しく潤いを与えましょう。

≪4.生活習慣・食生活の改善≫
睡眠不足や栄養不足は、未熟な肌を生む悪因になります。
花粉に負けない強い肌を作るため、まずは睡眠時間をしっかりと確保しましょう。

そして消化が良く、バランスの良い食事で肌にしっかりと栄養を与えましょう。
質の良い睡眠と食事が肌のターンオーバーを促すことで、肌荒れの改善が期待できます。

■今すぐに肌を元に戻したい! そんな方は「敏感肌・アトピークリアコース」を
https://www.ci-z.com/solutions/atopy/recommended.html

しわ・たるみコラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

ウルトラCiリフトコース詳細へ

プロリフトRFコース詳細へ

メガ導入リフティングコース詳細へ

ニキビ撃退フェイシャルコース詳細へ

シミ解消白肌コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら