このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧品で肌荒れ? 原因と正しい対処法とは

化粧品で肌荒れ? 原因と正しい対処法とは

一生懸命ケアをしても、肌荒れが治らない…。
もしかしたら、それは「使用中の化粧品」が肌荒れの原因になっているかもしれません。

今回は、化粧品で荒れてしまうケースや症状をご紹介します。

化粧品によって起こる肌荒れとは

化粧品で肌荒れ? 原因と正しい対処法とは

化粧品が原因で肌荒れが起こっている場合、「接触性皮膚炎」を起こしています。
これは俗に「かぶれ」と言われ、代表的な症状は湿疹や赤み、かゆみやヒリヒリ感などです。
このかぶれが化粧品で起きる原因には大きく分けて2種類あり、正しい対処法も違ってきます。
その2種類とは、どのような原因なのでしょうか?


・アレルギーが原因
まず一つ目は、化粧品に含まれる成分にアレルギー反応を起こしてかぶれるケースです。
体内にある抗体がアレルゲンを排除しようとして、拒絶反応を引き起こします。
それが皮膚炎として表皮に現れるのです。
アレルギーが原因の場合、体や肌の調子に関係なく症状が出るのが特徴。
「いつもと違う化粧品を使ったら急に症状が出た」という時は、アレルギーを疑い以前使用していた化粧品に戻すようにしましょう。

アレルギーを起こす原因物質は人それぞれで違うため、自分のアレルギーを知っておく必要があります。
特に金属アレルギーを持っている人は、化粧品中の金属に注意が必要です。
日焼け止めやメイク用化粧品に含まれていることが多く、アレルギー反応が出る原因となる可能性があります。
化粧品を選ぶ時は成分に気を配ったり、アレルギー反応を起こさない優しい成分の商品を選びましょう。

また、自分のアレルギーを詳しく知りたい時は皮膚科での検査が有効です。
化粧品を実際に使う前にパッチテストを行うなど、細かな対処で肌を守りましょう。

化粧品で肌荒れ? 原因と正しい対処法とは

・一時的な刺激が原因
そして二つ目が、化粧品中の成分が一時的な刺激となり、肌荒れを引き起こすケースです。
アレルギー反応の場合とは違い、体や肌の調子が崩れている時に症状が出やすくなります。
特に季節の変わり目や生理前など、肌が敏感になっている時は注意が必要です。

また、カミソリの使用後に化粧品を使うとヒリヒリ感が生じるのも、肌の一時的な反応によるもの。
バリア機能が低下している肌は刺激に弱く、普段は大丈夫な化粧品でも症状が出やすくなってしまうのです。

この場合の対処法は、肌のコンディションを整えることが最優先です。
自分の体調や肌の表面に傷がないかなどを確認したうえで、使う化粧品を選ぶことをオススメします。
普段より肌が敏感になっている時は、刺激の強い商品や初めて使う商品の使用は控え、肌への刺激を極力減らしましょう。
メディカルエステの施術は、敏感肌にも対応可能です。
肌本来の力を引き出し、免疫力を高めていきますので、状態が悪い時にはぜひ相談してみましょう。

敏感肌、化粧品荒れに悩んでいるあなたを救う、敏感肌・アトピークリアコース。
http://www.ci-z.com/solutions/atopy/recommended.html

しわ・たるみコラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

しわ・たるみ(超音波)

しわ・たるみ(ラジオ波)

しわ・たるみ(メガ導入)

ニキビ・ニキビ跡

しみ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
大切なあの方へシーズ・ラボGIFT CARD
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら