このエントリーをはてなブックマークに追加

生活環境が引き起こす「敏感肌」の原因と対策

生活環境が引き起こす「敏感肌」の原因と対策

現代女性の約70%が、自分の肌を敏感肌・やや敏感肌であると感じているというデータもあるほど、現代の女性は肌状態が悪くなりやすい傾向があります。
その原因は生活環境にあるとされていて、近年問題になっているのです。

今回は、生活環境が敏感肌を引き起こす原因と対策を紹介します。

生活環境と肌の関係

生活環境が引き起こす「敏感肌」の原因と対策

早速、生活環境が敏感肌を引き起こす原因とされているものを挙げていきます。
自信を取り巻く環境に当てはまるかどうか、ぜひ照らし合わせてみて下さい。

・花粉、紫外線量の増加と大気汚染
地球温暖化など、気候変動の影響で花粉の量も増加傾向にあり、アレルギーが原因で敏感肌になるケースも多くなっています。pm2.5などの大気汚染や、オゾン層の破壊に伴う紫外線量の増加など、現代社会は空気中の外的刺激によって肌がダメージを受ける環境が出来上がってしまっているのです。
外的刺激への対策法は、外的刺激を肌に直接触れさせないように気をつけること。
紫外線対策はもちろん、スキンケアや保湿、アレルギー対策のマスクなどで肌を守ることも大切です。
また外から帰宅した時には、肌に付着した花粉や汚れをなるべく早く落とすよう心がけましょう。

・エアコンや暖房
エアコンや暖房などによる空気の乾燥も、肌の水分を奪い敏感肌にさせてしまう大きな要因。
肌の乾燥は角質のバリア機能を低下させ、外からの刺激に対するお肌の抵抗力を弱めてしまいます。
肌は乾燥してしまうと皮脂の過剰分泌や肌荒れを招いてしまうので、保湿ケアを徹底しましょう。
空気の乾燥が気になったら、保湿美容液やクリームなどでなるべくこまめにお肌の保湿を心がけて下さい。

・睡眠不足
実は、日本の女性の睡眠時間は世界で1番短いというデータがある機関の調査で明らかになっています。
社会人の女性は、毎日充分に睡眠を取ることが難しいようです。
睡眠時間を増やすことが難しいなら、睡眠の量よりも質を高めることを心がけていきましょう。
以前は22時?2時までの間に眠ることで成長ホルモンが最も活発に働くと言われていました。
しかし、近年の研究によって成長ホルモンは睡眠をとる時間帯で決まるのではなく、眠り始めてから3時間の間に最も活発に働くことがわかっています。
眠り始めからの睡眠の質を高めることが、美肌を作る大きな鍵になるのです。

・寝る前の1時間以内は、何も食べないようにする。
・寝る1時間前にはお風呂に入り体を温める。

上記の項目は必ず守るようにして下さい。
リラックスした状態で眠りに付くことが、質の良い睡眠への近道になりますよ。

・ストレス
内臓や脳にも悪影響を及ぼすストレスは、もちろん肌にも悪影響を及ぼします。
しかし、現代社会はストレスをゼロにするのが難しいのが現状です。
ストレスを軽減するために、趣味や気分転換を日々に取り入れて、少しでもストレスを解消するように心がけて下さい。
入浴時や睡眠時にアロマオイルや自然の音楽などを利用して、リラクゼーションタイムを作るのもオススメです。

生活環境が引き起こす「敏感肌」の原因と対策

敏感肌と言っても、置かれている環境が原因なのであれば改善する見込みは大いにあります。
ストレスの無い肌環境を保つためにも、生活環境と上手く付きあう方法を自分なりに見つけていきましょう。
敏感肌でお悩みの方には、細胞レベルから修復再生するがオススメです。

しわ・たるみコラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

ウルトラCiリフトコース詳細へ

プロリフトRFコース詳細へ

メガ導入リフティングコース詳細へ

ニキビ撃退フェイシャルコース詳細へ

シミ解消白肌コース詳細へ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら