このエントリーをはてなブックマークに追加

肝斑の特徴や原因は? 効果的な改善方法

肝斑の特徴や原因は? 効果的な改善方法


肝斑は通常のシミとはできる原因が違います。
一体、どんな点が違うのでしょうか?
肝斑ができる原因や、できてしまった際の効果的な改善方法についてお伝えします。

肝斑と普通のシミの違いは?


肝斑と普通のシミとは、見た目が異なります。
肝斑は、頬や口の周囲などを中心に左右対称にできることが特徴です。
なかでも左右の頬骨の位置や目尻にできることが多く、まるで皮膚に茶褐色のモヤがかかったようにも見えます。また、ハケや筆で皮膚をなぞったような形が浮き出る場合もあります。
通常の皮膚の境界線がはっきりとせず、ぼんやりと浮き出ている場合は肝斑を疑いましょう。

肝斑ができる原因


通常のシミは、皮膚にできた傷や皮膚の老化が原因で肌の細胞を変化させたり、紫外線により肌の奥にあるメラニン色素が活発になることで浮かび上がってきます。

一方、肝斑は30~40代に差しかかる頃に、急に発症する場合が多いといわれています。閉経後に肝斑の症状が出ることは稀で、老齢の人に症状が出ることはあまりありません。
というのも、肝斑ができる原因が女性ホルモンの分泌と深い関わりを持つため。ただし現在においては、「肝斑の原因が女性ホルモンである」と断定はできない状態です。あくまでも関わりがある、というレベルでしか解明できていません。
ただ、妊娠出産やピルの服用などで女性ホルモンバランスが大きく崩れると肝斑の症状が出やすくなるため、ホルモンバランスの乱れには注意が必要です。

肝斑を治す方法


出産がきっかけで肝斑の症状が見られるようになった場合、体が平常時に戻るにつれて症状が落ち着いてくる場合が多いといわれています。
ただし、出産を経た体が平常時のホルモンバランスを取り戻すには、個人差があるものの1~2年ほどかかるので気長に待ちましょう。
また、過剰なストレスやオーバーワークなどで不規則な生活を続けていると、ホルモンバランスの乱れへとつながり、肝斑が治りにくくなります。
さらに、肝斑が出ている肌が紫外線にさらされると、色を濃くしてしまったり、症状が改善しにくくなるので紫外線対策を忘れずにしてください。
そして、シミを薄くする効果が期待できる美白化粧品を使用したとしても、ホルモンバランスが乱れていると肝斑の症状をキレイに消すことは難しいです。
まずは、規則正しい生活を送り、ストレスをため込み過ぎないようにすることが大切になってきます。

しかし、現代社会でストレスを溜めないことはとても大変でしょう。
ストレスを意識するあまり、それがかえってストレスになってしまうことだってあり得ます。
そんな場合は、メディカルエステで肝斑に直接アプローチしてみてはいかがでしょうか。

■なかなか改善しない肝斑にお悩みの方は「肝斑美白・メガ導入コース」がお勧め!
https://www.ci-z.com/solutions/shimi/bihaku.html

シミ・肝斑コラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

しわ・たるみ(超音波)

しわ・たるみ(ラジオ波)

しわ・たるみ(メガ導入)

ニキビ・ニキビ跡

しみ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
大切なあの方へシーズ・ラボGIFT CARD
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら