このエントリーをはてなブックマークに追加

老化は遅らせることができる!? 老化を防ぐ3つの方法

老化は遅らせることができる!? 老化を防ぐ3つの方法


どんな人間にも老化は起こり得ます。
しかし、同じ年齢なのに一人だけ実年齢よりも老けて見えると、居心地の悪さを感じることも……。
そんな経験があると「老化を意図的に遅らせることができたらどんなに良いか」と感じることでしょう。
そこで今回は、老化を遅らせるコツや注意したい生活習慣についてご紹介します。

適度な運動を生活習慣に取り入れる


老化を遅らせるためには、適度な運動が欠かせません。
ウォーキングなどのスポーツを行うことで、血流を促進したりストレスを解消する働きがあります。それにより、体に必要な栄養素が隅々まで届くようになったり、体内で不要になった老廃物を回収したりして体内をきれいな状態に整えてくれるのです。
しかし、強過ぎる負荷をかけた筋力トレーニングなどの過剰な運動を行いすぎると老化の原因となる活性酸素が生じるといわれているため、やり過ぎは禁物です。

抗酸化作用を持つ食品を献立に取り入れる


人間の体を老化させるものとして注意したいものが、体内で生じる活性酸素です。
呼吸などでとり入れた酸素が十分に使用されずに体内に残ると、活性酸素が生じて細胞を錆びつかせ、がんの発生や老化の原因となると考えられています。
老化の原因となる活性酸素を取り除くには、抗酸化作用を持つ食品を食生活に取り入れると良いでしょう。
たとえば、カカオや緑茶などに含まれるポリフェノールや、緑黄色野菜に含まれるカロテノイドには、抗酸化作用があることが分かっています。
また、毎食強い満腹感を感じるほど食べ物を口にしていると、新陳代謝を阻害するホルモンのはたらきが活発になるといわれています。
日常の食生活では腹八分目を心がけることが、若々しさを維持する重要なポイントのひとつになるのです。

紫外線を防御する


肌の老化を遅らせるためには、紫外線から身を守ることが必要です。
強い紫外線を浴び続けると皮膚細胞の核が傷つき、皮膚が水分を保つ力が弱まりシワやたるみなどがあらわれます。このような紫外線による肌の老化は「光老化」と呼ばれています。
年齢を重ねても美肌を保ちたいと考えるなら、日中は防止や手袋などで皮膚を紫外線の影響から守ることが大事です。
紫外線には2種類あり、肌の内側から老化させる紫外線は波長が長いUVA波です。
UVA波は窓ガラスや雲を透過する性質を持っているため、たとえ曇りの日でも紫外線防御が欠かせません。室内でも窓際にいるときは日焼け止めを塗るなどして紫外線に注意しましょう。

老化を遅らせるためには、日常生活においてさまざまな点に注意する必要があります。
しかし、毎日忙しいと細かいことまで気を配るのも大変でしょう。
そこでお勧めなのが、毎日の心がけにプラスしてメディカルエステなどでのケアを受けること。
それにより、忍び寄る老化の足音の脅威を少しでも遠ざけることができます。

■オーダーメイドのケアが可能な「若返りアンチエイジングコース」で自信を取り戻そう!
https://www.ci-z.com/solutions/shiwa/anti-aging.html

シミ・肝斑コラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

しわ・たるみ(超音波)

しわ・たるみ(ラジオ波)

しわ・たるみ(メガ導入)

ニキビ・ニキビ跡

しみ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
大切なあの方へシーズ・ラボGIFT CARD
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら