このエントリーをはてなブックマークに追加

シミを増加させない、正しい洗顔対策

シミを増加させない、正しい洗顔対策

洗顔は、肌の汚れや皮脂を落とす大切なケアの1つです。
しかし、間違った方法で洗顔をしていると、シミを増加させてしまうかもしれません。
シミを作らないためには、どのような洗顔をすればいいのでしょうか?

今回は、シミの対策として正しい洗顔方法を紹介します。

間違った洗顔法の肌への影響

シミを増加させない、正しい洗顔対策

毛穴から分泌される皮脂は、適度な量だと肌を守るバリアとして正常な働きをします。
しかし、過剰分泌した皮脂は毛穴を詰まらせ、その皮脂に紫外線が当たると酸化し、シミの原因になってしまうのです。
洗顔をする時に肌がつっぱるほど皮脂を落としてはいませんか?
皮脂が落ちすぎてしまった肌は、それを補おうと大量の皮脂を分泌します。
当然、多く出過ぎた皮脂は毛穴を覆ってしまい、紫外線などの刺激を受けるとシミが出来上がってしまうのです。

そしてゴシゴシと擦るような洗顔法も肌を傷つけ、バリア機能を破壊してしまい、その部分から雑菌や紫外線が侵入します。
角栓や毛穴の詰まりを予防しようと肌強い力で擦ると、肌が傷つきシミの増加に繋がってしまうので注意が必要です。
また、洗顔料の落とし残しは泡が酸化してシミを作り、熱いお湯で洗顔をすると肌のターンオーバーを遅らせ、濃いシミを作ってしまいます。

シミを防ぐ、正しい洗顔対策

シミを増加させない、正しい洗顔対策

シミは、予防することより出来てしまったシミを解消するほうが難しく、時間も手間もかかります。
綺麗な素肌を作るためにも、予防をしっかりと行いましょう。

・クレンジングはメイクを浮かす
クレンジングは、洗顔以上に肌を擦ってバリアを破壊してしまう方も少なくありません。
アイメイクはポイントリムーバーで事前に落とし、ベースメイク等は刺激の弱いクリームなどで、肌に馴染ませてメイクを浮かせるように洗いましょう。
擦って落とすと撫でて浮かせるでは肌の負担は全く違うので、意識してみて下さい。

・使うのはぬるま湯
肌を洗うとき、熱いお湯で洗うとサッパリとし、冷たい水で洗うと毛穴が引き締まった気がしますよね。
しかし、どちらも肌を乾燥させたり毛穴に汚れを詰まらせたり、シミの原因になる皮脂の過剰分泌を促す原因になります。
体温と近い32~37℃程度のぬるま湯を使い、お湯で汚れや泡を流すイメージで丁寧に洗顔をしましょう。

・泡はモコモコで水分多め
洗顔料を直接顔に付けたり、水分の少ない泡で顔を洗うのは禁物です。
洗顔料が手と肌の摩擦を余計強くして、表面のバリアが剥がれてしまいます。
泡は泡立てネットで、水分を多く含ませながら作るようにしましょう。
水分の多い泡は肌と手のクッションとなり、滑りも良く汚れをしっかりと浮かせてくれますよ。

・肌を意識したケアを
手の平は力が入りやすいので指先で泡を転がすように、泡を洗い流す際はぬるま湯で20回前後すすぐ、洗顔後のタオルは拭うのではなくタオルに水分を吸収させることを意識して肌を押さえるように拭き取りましょう。
丁寧で繊細な洗顔を行うことで、肌を守る洗顔をすることに繋がります。


シミは、老ける原因にも自信を無くす原因にもなってしまいます。
肌を意識したケアで、徹底対策しましょう!


頑固なシミを消して、綺麗な素肌を手に入れるなら!肝班美白・メガ導入コース
http://www.ci-z.com/solutions/shimi/bihaku.html

シミ・肝斑コラム一覧

フェイシャルケア

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

しわ・たるみ(超音波)

しわ・たるみ(ラジオ波)

しわ・たるみ(メガ導入)

ニキビ・ニキビ跡

しみ

初回体験のご予約

体験エステへのお申し込み

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
大切なあの方へシーズ・ラボGIFT CARD
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら