肝斑の原因について エステサロン・メディカルエステなら【シーズ・ラボ】

肝班の原因についてメインビジュアル

肝斑の原因について

肝斑の原因はさまざまですが、根本原因がはっきりとわかっていないため、しみ治療で最も難しいといわれています。女性ホルモン(黄体ホルモン)が大きく関係していることもあるため、「ホルモンじみ」といわれることもあります。紫外線はもちろんのこと、妊娠、皮膚への過剰摩擦(こすり過ぎ)によるバリア機能の破壊、不規則な生活(睡眠不足)、心理的要因(ストレス)など肝斑には複雑な原因が考えられています。また、体調や生理周期によって、色の濃淡が変化することも多くあります。

1、ホルモンバランス

30~40歳代の年齢層の女性はホルモンのバランスを崩しやすいといわれています。妊娠によって肝斑が発生したり、また、経口避妊薬(ピル)によって引き起こされる場合もあり、その原因は女性ホルモンのバランスなどに関係があるとされています。

2、紫外線

肝班の原因(紫外線)

肝班は紫外線にあたりやすい部位に症状が現れやすく、ほかの種類のシミと同じように、発症の誘因となったり、症状を悪化させることもあります。 また、日本人の皮膚は肝斑ができやすく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいという結果もあります。

3、ストレス(睡眠不足)

シミの原因であるメラニンを作り出すのは表皮にあるメラノサイトという細胞ですが、メラノサイトは、紫外線やホルモンの影響を受けて、メラニンを作り出します。そのホルモンの分泌に大きく関わってくるのが、ストレスをはじめとする不規則な生活、睡眠不足などです。

肌のケアだけでなく、生活リズムを整えること、うまくリラックスすること、睡眠時間を十分に取るなど、ストレスをためないようにすることも重要です。

肝班には医師開発の「肝班美白・メガ導入コース」がお勧め
>>>>>>「肝班美白・メガ導入コース」はこちら

肝班には医師開発の「肝班美白・メガ導入コース」がお勧め

その他 シミ・肝班について

シミを消す

シミを消す方法について

・シミを消す有効な成分
・シミを消す化粧品
・シミを消す有効な食べ物

シミ原因

シミの原因

・シミの原因となる生活習慣
・シミの原因となる食べ物

肝斑について

肝班について

・肝斑と女性ホルモンの関係制
・シミと肝斑の違い
・自宅でできる肝斑のケア方法

肝斑原因

肝班の原因

・ホルモンバランス
・紫外線
・ストレス(睡眠不足)

肝斑の治し方

肝班の治し方

・自宅で出来る肝斑の治し方
・エステで出来る肝斑の治し方

美肌

美肌について

・化粧品はお肌に合ったものを
・エステで美肌になる方法

美白

美白について

・シミを作らないために

ページのトップへ戻る

無料美容モニター大募集
エステティシャン ブログ
コース一覧
ご優待制度のご紹介
出版物・メディア掲載情報
肥満遺伝子検査
メンズエステ
大切なあの方へシーズ・ラボGIFT CARD
表参道店限定 静脈マッサージデトックス リンパマッサージに9倍の効果! 冷えむくみを改善 初回50%OFF
シーズ・ラボビューティーコラム
オンラインショップ
未成年の方は同意書が必要です 親権者同意書
LINE 公式アカウント
無料肌診断・ご相談など、お気軽にご相談ください!
  • 0800-111-4116 ご予約受付時間/11:00~20:00 定休日および営業時間はサロンによって異なりますので店舗一覧をご覧ください。
  • ウェブでのご予約はこちら